« 映画:そして父になる | トップページ | 映画:清須会議 »

2013.12.01

映画:人類資金

かれこれ、ひと月くらい前に観ました。福井晴敏原作ということで、興味があり観に行きました。
この原作は読んでいませんが、これを観たあとに『小説・震災後』という本を読みましたが、戦争やテロといったテーマからもっと大きいテーマに作者の視点が移動している感じがします。

この映画は戦争を扱ってはいません。しかし、わかりやすい形での『戦争』ではなく、人が死なず、しかし、攻撃されたり、相手の国を支配したりする別の形での『戦争』を扱っています。強い国を動かすモノが、メディアや国を支配し、敵を作り上げ、その国を攻撃する。

この映画のテーマは難しく、この世界のルールを変える必要がある、というメッセージは分かりましたが、それはとても難しいことです。このままではいけない、と言う気にはなるのですが、だからどうすれば良いか?はわかりません。とてもむずかしい、と言うことだけがわかりました。

監督:阪本 順治
原作:福井 晴敏
脚本:阪本 順治, 福井 晴敏
出演: 佐藤 浩市, 香取 慎吾, 森山 未來, 観月 ありさ, 石橋 蓮司, 豊川 悦司, 寺島 進, 三浦 誠己, 岸部 一徳, オダギリ ジョー, ユ・ジテ, ヴィンセント・ギャロ, 仲代 達矢
上映時間:140分
URL:http://www.jinrui-shikin.jp/

2013年15本目

|

« 映画:そして父になる | トップページ | 映画:清須会議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/58680601

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:人類資金:

« 映画:そして父になる | トップページ | 映画:清須会議 »