« 小説:図書館内乱(角川文庫)/有川 浩著 | トップページ | エッセイ:純粋ツチヤ批判(講談社文庫)/土屋 賢二著 »

2012.06.14

小説:木蓮荘奇譚 伊集院大介の不思議な旅(講談社文庫)/栗本 薫著

最後の伊集院大介シリーズです。
話も何だか悲しいものでした。サブタイトルに「不思議な旅」とありますが、物理的な旅ではなく、心理的,精神的な旅だと思います。
老いがテーマになっているように感じたのですが、年を取って一人になる、とか、年を取るまで一人、とかいうのは悲しいなぁと思いました。

栗本 薫著

2012年20冊目

|

« 小説:図書館内乱(角川文庫)/有川 浩著 | トップページ | エッセイ:純粋ツチヤ批判(講談社文庫)/土屋 賢二著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/55152114

この記事へのトラックバック一覧です: 小説:木蓮荘奇譚 伊集院大介の不思議な旅(講談社文庫)/栗本 薫著:

« 小説:図書館内乱(角川文庫)/有川 浩著 | トップページ | エッセイ:純粋ツチヤ批判(講談社文庫)/土屋 賢二著 »