« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012.01.29

小説:ルー=ガルー2 インクブス×スクブス《相容れぬ夢魔》〈上〉(講談社文庫)/京極 夏彦著

1作目の3か月後の話。出てくる人は当然と言えば当然ですが、ほとんど前と一緒。

視点は別の人物のものになっています。

相変わらずの美緒のぶっとりびりは読んでて楽しいです。前回語り役だった牧野葉月がなんだかカワイイです。

なんだか訳の分からない事件が起こっていて、先を読むのがわくわくします。

京極夏彦著

2012年3冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.20

映画:ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

娯楽映画です。

スパイで、事件に関わり合いたくないという理由で合衆国が一時期後ろ盾ではなくなります。それにしては、世界のいろんなところに行けます。4人のチームで行動するのですが、それにしたってスパイ道具をどうやって運ぶのか?とか気になるところ。

リアリティを追求しているように見えるけど、そういう細かいところがおろそかになっているような気がします。

ただの娯楽映画として見ていれば楽しめるんですけどね。アクションとかスタントなしの危険なシーンとかはらはらどきどきのシーンが満載ですし。

原題:Mission: Impossible - Ghost Protocol
監督:Brad Bird
出演:Tom Cruise, Jeremy Renner, Simon Pegg, Paula Patton, Michael Nyqvist, Vladimir Mashkov, Samuli Edelmann, Ivan Shvedoff, Anil Kapoor, Léa Seydoux, Josh Holloway, Pavel Kríz, Miraj Grbic, Ilia Volok, Goran Navojec
上映時間:132分
URL(日本語):http://www.mi-gp.jp/
URL(英語):http://www.missionimpossible.com/

2012年1本目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小説:四人の署名(創元推理文庫)/アーサー・コナン・ドイル著

シャーロック・ホームズシリーズの長編第二作目です。

長編一作目に続き面白いです。昔の作品だなぁと思うのは、有色人種に対する差別がそのまま書いてある部分かな。時代がそうだから仕方が無いけど。

事件の謎解き部分で感じるのは、そんなに一言一句覚えてて後で記述できるのかな?っていうこと。僕は書きながら聴いていたとしても、文書に起こせないと思う。ワープロみたいなものがあれば別だけど。

アーサー・コナン・ドイル著

2012年2冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.14

小説:クリスマスのフロスト(創元推理文庫)/R.D ウィングフィールド著

くたびれたおっさんが主人公。コロンボのような推理をするかと思ったら、そうでもなく、感で捜査をする。面白い、とは思えなかった。

偶然で事件を解決したりして、次巻は『このミス』の一位だそうで、それも読んでは見ようと思っています。

R.D ウィングフィールド著

2012年1冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »