« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011.12.28

小説:ルー=ガルー〈下〉(講談社文庫)/京極 夏彦著

後半はスピード感満点でした。どんどん読めました。休みが多かった、というのも理由の一つですが。

もう、この続編が出版されているので、それも読むつもりです。

京極 夏彦著

2011年51冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.24

小説:ルー=ガルー〈上〉(講談社文庫)/京極 夏彦著

時代設定が未来、という京極作品では珍しい作品です。

2050年くらいの設定なのかな?2040年くらいかも。

都築美緒がぶっ飛んでて好きです。天才ですし。

京極 夏彦著

2011年50冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.13

小説:緋色の研究(創元推理文庫)/アーサー・コナン・ドイル著

面白い!!シャーロック・ホームズシリーズの第一作です。

今まで、短編しか読んでなくて、そんなに面白いとは感じませんでした。長編は面白かった。シャーロック・ホームズシリーズをなめてました。すみません。

アーサー・コナン・ドイル著


2011年49冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.06

小説:小太郎の左腕(小学館文庫)/和田 竜著

火縄銃の名手の話。種子島の性能を考えるとあり得ない事だらけだと思います。

戦国時代の男達はいい人がたくさんいるように感じました。出てくる人は作者の創作ですが、こういう気風の人は多かったんだろうなぁ、と思います。

読んでいて、気持ちのいい男達です。

和田 竜著

2011年48冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »