« 小説:ユニコーンの日〈上〉(角川文庫)/福井 晴敏著 | トップページ | 小説:赤い彗星(角川文庫)/福井 晴敏著 »

2011.08.21

小説:ユニコーンの日〈下〉(角川文庫)/福井 晴敏著

さすが、福井晴敏。ガンダムが義務教育だったと豪語するだけのことはあります。王道は外さない感じですね。しかも、全くの素人がガンダムを操縦するというのではなく、プチモビというMSを動かしていたことがあるので、ガンダムも操縦できるだろうという想定。ちょっとSFだけどリアリティも盛り込まれている。話をできるだけ無理がないようにしようという配慮がたまりません。

宇宙移民者と地球連邦政府の戦争が終結し、束の間の平穏の中にあった地球圏。世界を覆す力を秘める『ラプラスの箱』の開放を巡り、軍産複合体と反政府組織が企てた策謀が新たな戦乱を引き起こしてゆく。謎の少女オードリーを追って戦火の中を走るバナージは、幼き日に別れた父と、純白の巨人兵器“ユニコーン”に出会う―。環境問題、格差社会、行き詰まった資本主義が招来する“あり得る未来”を舞台に、人の革新のドラマが白熱する。
(裏表紙より)

福井 晴敏

2011年32冊目

|

« 小説:ユニコーンの日〈上〉(角川文庫)/福井 晴敏著 | トップページ | 小説:赤い彗星(角川文庫)/福井 晴敏著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/52534353

この記事へのトラックバック一覧です: 小説:ユニコーンの日〈下〉(角川文庫)/福井 晴敏著:

« 小説:ユニコーンの日〈上〉(角川文庫)/福井 晴敏著 | トップページ | 小説:赤い彗星(角川文庫)/福井 晴敏著 »