« 家にロボットがいたら何してもらう? | トップページ | 小説:新・日本の七不思議(創元推理文庫)/鯨 統一郎著 »

2011.05.29

小説:極北クレイマー〈下〉(朝日文庫)/海堂 尊著

えっここで終わり?みたいなところで終わってしまいました。続編がありそうなのでそれが楽しみになりました(文庫化になるのはもっと、ずっと先でしょうけど)。

地方の病院とか地方都市とかでは現実に抱えている問題なんだろうなぁ、と思って僕が住んでるとこでも同じような問題が起こっているのではないかと不安になりました。

財政難の極北市民病院で孤軍奮闘する非常勤外科医・今中。妊産婦死亡を医療ミスとする女性ジャーナリストが動き出すなか、極北市長が倒れ、病院は閉鎖の危機に瀕し—。はたして今中は極北市民病院を救えるのか?崩壊した地域医療に未来はあるのか。
(裏表紙より)

海堂 尊

2011年19冊目

|

« 家にロボットがいたら何してもらう? | トップページ | 小説:新・日本の七不思議(創元推理文庫)/鯨 統一郎著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/51803232

この記事へのトラックバック一覧です: 小説:極北クレイマー〈下〉(朝日文庫)/海堂 尊著:

« 家にロボットがいたら何してもらう? | トップページ | 小説:新・日本の七不思議(創元推理文庫)/鯨 統一郎著 »