« 小説:極北クレイマー〈下〉(朝日文庫)/海堂 尊著 | トップページ | 小説:使命と魂のリミット(角川文庫)/東野 圭吾著 »

2011.05.29

小説:新・日本の七不思議(創元推理文庫)/鯨 統一郎著

おもしろいのですが、やはり『邪馬台国はどこですか?』が面白すぎたので、物足りなさを感じてしまいます。

日本語の起源とか、韓国語との共通点とか興味深い話題はたくさんあったのですが、なんか弱いです。空海とか写楽の話もなんか弱いような気がしました。贅沢言い過ぎなんでしょうか?

スリーバレーのバーテンダー松永は、早乙女静香の話についていくため日夜歴史の勉強を続けている。ある日、静香が宮田六郎と連れ立って店に入ってきた。こ れまで宮田に対してやたら喧嘩腰だった歴史バトルにおいても、何やら風向きが違う。なぜだ?二人の親密な態度は気になるが、現存する世界最古の国ニッポン のことを知らないのも捨て置けない……ええっ、それは本当ですか!
(裏表紙より)

鯨 統一郎著


2011年20冊目

|

« 小説:極北クレイマー〈下〉(朝日文庫)/海堂 尊著 | トップページ | 小説:使命と魂のリミット(角川文庫)/東野 圭吾著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/51803425

この記事へのトラックバック一覧です: 小説:新・日本の七不思議(創元推理文庫)/鯨 統一郎著:

« 小説:極北クレイマー〈下〉(朝日文庫)/海堂 尊著 | トップページ | 小説:使命と魂のリミット(角川文庫)/東野 圭吾著 »