« 小説:悪意(講談社文庫)/東野 圭吾著 | トップページ | 映画:GANTZ »

2011.02.06

小説:嘘をもうひとつだけ(講談社文庫)/東野 圭吾著

2冊続けての東野圭吾作品です。しかも加賀恭一郎シリーズです。今回は短編集です。短くて読みやすかったです。ちょっとした「裏切り」も良かったです。

こっちもドラマになりそうな話ばかりでした。というか、こっちからドラマにした方が良かったかもしれませんね。どの話も楽しめました。

バレエ団の事務員が自宅マンションのバルコニーから転落、死亡した。事件は自殺で処理の方向に向かっている。だが、同じマンションに住む元プリマ・バレリーナのもとに一人の刑事がやってきた。彼女には殺人動機はなく、疑わしい点はなにもないはずだ。ところが…。人間の悲哀を描く新しい形のミステリー。
(裏表紙より)

東野 圭吾著

2011年6冊目

|

« 小説:悪意(講談社文庫)/東野 圭吾著 | トップページ | 映画:GANTZ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/50796278

この記事へのトラックバック一覧です: 小説:嘘をもうひとつだけ(講談社文庫)/東野 圭吾著:

« 小説:悪意(講談社文庫)/東野 圭吾著 | トップページ | 映画:GANTZ »