« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010.12.30

小説:ハリー・ポッターと死の秘宝 上下巻(静山社)/J.K.ローリング著

前巻が今年出たばかりだったので、最終巻がこんなに早く出るとは思ってませんでした。

正直言って、今までのどの巻よりも面白かったです。冗長になるような学校の勉強のシーンが書かれてなかったからだと思います。しかし。。。今回は悲しい出来事がたくさん出てきました。そんなに悲惨にしなくてもいいのにって思ってしまいます。しかも、その出来事がサラッと書かれているような気がして、もっと盛り上げればいいのに、って思ってしまいました。

圧巻は第33章でしょう。ここである人物の印象がガラッと変わります。ハリーもこの章で、大人に近づけたような気もします。

J.K.ローリング

2010年48, 49冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.27

映画:相棒 -劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜

先週末に観ました。TVシリーズのシーズン9の第9話を観てからこの映画を観ると少し楽しめます。

TVシリーズが好きなので、どうしても贔屓目に観てしまうのですが、とても面白かったです。相棒らしい、映画になってスケールが大きくなった作品でした。予告編だけ観たり、タイトルから推測したりできるような作品ではありません。その影にある「事件」。組織同士の主導権争い。複雑に入り組んだ警察組織に鋭いメスを入れる特命係の二人(ナイトスクープ風)。
楽しめました。

この映画はTVシリーズにも影響を及ぼす予感がします。というか、そういう作りになってると思うのですが、ますます相棒が楽しみに、特命係の今後が気になってしまいます。

監督:和泉 聖治
脚本:輿水 泰弘, 戸田山 雅司
出演:水谷 豊, 及川 光博, 川原 和久, 大谷 亮介, 山中 崇史, 山西 惇, 六角 精児, 志水 正義, 久保田 龍吉, 片桐 竜次, 小野 了, 原田 龍二, 神保 悟志, 益戸 育江, 小西 真奈美, 小澤 征悦, 石倉 三郎, 葛山 信吾, 名高 達男, 大森 博史, 大出 俊, 佐々木 勝彦, 井上 高志, 佐渡 稔, 五王 四郎, 重松 収, 平 岳大, 本宮 泰風, 小木 茂光, 丘 みつ子, 江波 杏子, 金井 シゲル, 日向 丈, 藤井 びん, 田口 主将, 窪園 純一, 光岡 湧太郎, 瀬戸口 剛, 大久保 綾乃, 江藤 大我, 重村 佳伸, 品川 徹, 宇津井 健, 國村 隼, 岸部 一徳
上映時間:119分
URL(日本語):http://www.aibou-movie.jp/

2010年18本目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.15

小説:後巷説百物語(角川文庫)/京極 夏彦著

直木賞を取っていたことを裏表紙を見て初めて知りました。でも、面白さだったら『巷説百物語』や『続巷説百物語』の方が上のような気もしますが。。。

さて、この第三弾ですが、前作前々作と書き方が全く違っています。こういう風にシリーズで構成を変えてくる作風も好きです。こういうところからデザインしているとこはスゴイと思います。

話はまたまた又市らの活躍を描いていますが、仕掛けが大がかりのものが増えてて実現できる度合いが減ってきているような気もします。その部分が少し引っかかりましたが、楽しめました。

文明開化の音がする明治十年。一等巡査の矢作剣之進らは、ある島の珍奇な伝説の真偽を確かめるべく、東京のはずれに庵を結ぶ隠居老人を訪ねることにした。一白翁と名のるこの老人、若い頃怪異譚を求めて諸国を巡ったほどの不思議話好き。奇妙な体験談を随分と沢山持っていた。翁は静かに、そしてゆっくりと、今は亡き者どもの話を語り始める——。
第130回直木賞受賞の妖怪時代小説の金字塔。
(裏表紙より)

京極 夏彦著(大極宮)

2010年47冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.12

映画:SPACE BATTLESHIP ヤマト

昨日観ました。感想を言えば、面白くない、感動できない、です。

設定が中途半端で楽しめませんでした。アニメをそのまま実写に置き換えるか、実写としてリアルな世界観のヤマトを創るかのどっちつかずだったような気がします。

子供の時に見たヤマトは、宇宙の広さとかワープとか1年旅するのにどのくらい物資が必要かとか全くわからずに観ていたので、何も考えずに楽しめました。ですが、ヤマト後のアニメとしてガンダムがあったり、エヴァがあったりしたので、それなりに知恵もついています。そういうベースがあってみるとヤマトの設定が子供だましに思えてしかたありません。特に感じたのがワープのとき。座席に固定されているクルーとシートベルトのない椅子に座ってるクルーがいるというのが信じられませんでした。それと、軍隊なのに階級が無いのも「?」でした。

見終わって思ったのは、監督が樋口真嗣だったら、もっと面白かったんじゃないかな?ってことでした。

監督:山崎 貴
原作:西崎 義展
出演:木村 拓哉, 黒木 メイサ, 柳葉 敏郎, 緒形 直人, 西田 敏行, 高島 礼子, 堤 真一, 橋爪 功, 池内 博之, マイコ, 矢柴 俊博, 波岡 一喜, 三浦 貴大, 斎藤 工, 山崎 努
上映時間:138分
URL(日本語):http://yamato-movie.net/

2010年17本目

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010.12.07

コラソン サッカー魂〈3〉/塀内 夏子

  塀内夏子のサッカー漫画、第3巻です。
W杯が終わって早5か月。なので、あんまり気持ちがこもらない。
この話の終わり方はどうなるのか?W杯出場が決まった時点で終わるのかな?
Jドリームみたいに、次のW杯の直前に再開するのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »