« 小説:続巷説百物語(角川文庫)/京極 夏彦著 | トップページ | 小説:マルドゥック・スクランブル The 3rd Exhaust—排気(ハヤカワ文庫)/冲方 丁著 »

2010.11.17

小説:マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion—燃焼(ハヤカワ文庫)/冲方 丁著

第2巻です。裏表紙は、1巻の説明になっています。この巻では、銃撃戦のような派手なシーンはありません。精神的な闘いの場面が多く手に汗握ります(大げさな常套句です)。いろいろと考えないと「あれ?」って思うことがあったり、ルールを知っていないと楽しめなかったりするかもしれません。

バロットの魅力(野望というか欲する物)に惹かれる人達との交流も読みどころでしょう。

少女は戦うことを選択した——人工皮膚をまとい、高度な電子干渉能力を得て再生したパロットにとって、ボイルドが放った5人の襲撃者も敵ではなかった。ウフコックが変身した銃を手に、驚異的な空間認識力と正確無比な射撃で、次々に相手を仕留めていくバロット。しかしその表情には強大な力への陶酔があった。やがて濫用されたウフコックが彼女の手から乖離した刹那、ボイルドの圧倒的な銃撃が眼前に迫る。緊迫の第2巻。
(裏表紙より)

冲方 丁

2010年43冊目

|

« 小説:続巷説百物語(角川文庫)/京極 夏彦著 | トップページ | 小説:マルドゥック・スクランブル The 3rd Exhaust—排気(ハヤカワ文庫)/冲方 丁著 »

コメント

My cousin recommended this blog and she was totally right keep up the fantastic work!

投稿: x-ray technician | 2010.12.05 04:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/50058128

この記事へのトラックバック一覧です: 小説:マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion—燃焼(ハヤカワ文庫)/冲方 丁著:

« 小説:続巷説百物語(角川文庫)/京極 夏彦著 | トップページ | 小説:マルドゥック・スクランブル The 3rd Exhaust—排気(ハヤカワ文庫)/冲方 丁著 »