« 小説:のぼうの城 上(小学館文庫)/和田 竜著 | トップページ | BILLY BAT〈5〉/浦沢 直樹 »

2010.11.25

小説:のぼうの城 下(小学館文庫)/和田 竜著

面白かったです。この巻は戦いがメインになっています。それぞれの城門を守る家臣たちの三者三様の戦いぶりがいいです。それと水攻めを攻略するための策略(と言って良いのかどうかがよくわかりませんが)もよかった。

のぼう様こと成田長親は、僕のイメージでは宮沢賢治の『雨ニモマケズ』である。詳しくはかかないが、普段はさえないが、何かあると東奔西走する人。僕もそういう人になりたい。

「戦いまする」
 三成軍使者・長束正家の度重なる愚弄に対し、予定していた和睦の姿勢を翻した「のぼう様」こと成田長親は、正木丹波、柴崎和泉、酒巻靱負ら癖のある家臣らの強い支持を得て、忍城軍総大将としてついに立ちあがる。
「これよ、これ。儂が求めていたものは」
 一方、秀吉に全権を託された忍城攻城軍総大将・石田三成の表情は明るかった。我が意を得たり、とばかりに忍城各門に向け、数の上で圧倒的に有利な兵を配備した。
 後に「三成の忍城水攻め」として戦国史に記される壮絶な戦いが、ついに幕を開ける。
(裏表紙より)

和田 竜著


2010年46冊目

|

« 小説:のぼうの城 上(小学館文庫)/和田 竜著 | トップページ | BILLY BAT〈5〉/浦沢 直樹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/50130501

この記事へのトラックバック一覧です: 小説:のぼうの城 下(小学館文庫)/和田 竜著:

« 小説:のぼうの城 上(小学館文庫)/和田 竜著 | トップページ | BILLY BAT〈5〉/浦沢 直樹 »