« 映画:ソルト | トップページ | ためしてガッテンで放送してた目玉焼きは美味しそうだった。 »

2010.09.08

小説:ZOKURANGER(カッパ・ノベルス)/森 博嗣著

ZOKU』,『ZOKUDAM』に続く《Zシリーズ》の第3段です。ネタバレせずに書くのは難しいですが、このシリーズを読んでいる人には、どういったものかは「なんとなく」わかるはず。《Zシリーズ》ですので、出てくる人物も同じです。しかし、シリーズものと言って良いのかは少し疑問です。前2作はシリーズと言っても良いと思うのですが、そこからこの物語になるとは思えません。パラレルワールドとか、一回全員で記憶喪失になったとか、そういう説明がいるような気もします。まぁ、読む人が勝手にというか自由に想像して読めば楽しめると思いますけどね。

このシリーズはたぶんこれで完結だと思います。なにげに好きなシリーズでした。

森 博嗣著(浮遊工作室)

2010年33冊目

|

« 映画:ソルト | トップページ | ためしてガッテンで放送してた目玉焼きは美味しそうだった。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/49391832

この記事へのトラックバック一覧です: 小説:ZOKURANGER(カッパ・ノベルス)/森 博嗣著:

« 映画:ソルト | トップページ | ためしてガッテンで放送してた目玉焼きは美味しそうだった。 »