« 小説:遠まわりする雛(角川文庫)/米澤 穂信著 | トップページ | 映画:インセプション »

2010.08.28

小説:ゾラ・一撃・さようなら(集英社文庫)/森 博嗣著

読み終わりました。森作品と言うことで、裏表紙を記述することもしません。

読んで感じたのは、アメリカの探偵小説のようなハードボイルドっぽさ、である。しかし、森先生からしたらハードボイルドではないのかもしれない。なぜなら、森先生のサイトにあったか、講演会で言われたかした「ハードボイルドの定義」の条件を満たさないため。どんな定義があったかはもう覚えてないのだが。。。

ハードボイルドかどうかは別として、楽しませていただきました。会話が多かったのですが、たまにあのような洒脱な会話をしてみたい、と思ってしまいました。

森 博嗣著(浮遊工作室)

2010年31冊目

|

« 小説:遠まわりする雛(角川文庫)/米澤 穂信著 | トップページ | 映画:インセプション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/49278697

この記事へのトラックバック一覧です: 小説:ゾラ・一撃・さようなら(集英社文庫)/森 博嗣著:

« 小説:遠まわりする雛(角川文庫)/米澤 穂信著 | トップページ | 映画:インセプション »