« CD:ALL NIGHT LONG/Buckcherry | トップページ | 小説:ゾラ・一撃・さようなら(集英社文庫)/森 博嗣著 »

2010.08.21

小説:遠まわりする雛(角川文庫)/米澤 穂信著

シリーズものの短編です。何シリーズと言えば良いのかな?〈古典部〉シリーズで良いようですね。

今回は、季節ごとの話で楽しませていただきました。あとがきにもあった「距離感の変化」ですが、何となくわかります。それに、それぞれのパーソナリティも変わりつつあるような気もします。ボクとしては、千反田さんの変化が特に気になりました。

省エネをモットーとする折木奉太郎は〈古典部〉部員・千反田えるの頼みで、地元の祭事「生き雛まつり」へ参加する。十二単をまとった「生き雛」が町を練り歩くという祭りだが、連絡の手違いで開催が危ぶまれる事態に。千反田の機転で祭事は無事に執り行われたが、その「手違い」が気になる彼女は奉太郎とともに真相を推理する——。あざやかな謎と春に揺れる心がまぶしい表題作ほか〈古典部〉を過ぎゆく1年を描いた全7編。
(裏表紙より)

米澤 穂信著(汎夢殿)

2010年30冊目

|

« CD:ALL NIGHT LONG/Buckcherry | トップページ | 小説:ゾラ・一撃・さようなら(集英社文庫)/森 博嗣著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/49211836

この記事へのトラックバック一覧です: 小説:遠まわりする雛(角川文庫)/米澤 穂信著:

« CD:ALL NIGHT LONG/Buckcherry | トップページ | 小説:ゾラ・一撃・さようなら(集英社文庫)/森 博嗣著 »