« 映画:『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』 | トップページ | 小説:ドリームバスター4 時間鉱山 前編(トクマ・ノベルズEdge)/宮部みゆき著 »

2010.08.07

小説:アソシエイト〈下〉(新潮文庫)/ジョン・グリシャム著

最近のグリシャムの作風なのでしょうか?終わってもスッキリしない。
現実を考えると、小説のようにすべての問題が解決し、晴れ晴れとした未来が広がっている、というようなことは滅多にないので、グリシャムもその点を考慮して、こういう終わりかたなのかな?なんて思わないわけでもない。

小説で描かれているような、莫大な資金を持つ、得体の知れない組織があったとしたら、正体を誰にも知られず、何も証拠を残さずに消えることも可能だろう。そういう組織につけ込まれたり、遭遇したことがないボクは幸せなのだろう。

しかし、グリシャムは主人公の職業はあまり変わることがないが、面白いテーマでたくさんの話が書ける作家ですね。その発想力がすごい。

カイルは謎の男たちに脅されるまま、ニューヨーク最大の法律事務所に就職した。新人法律家を襲う想像以上の激務と、男たちによる厳重な監視。その隙を縫って大学時代のルームメイトたちと連絡を取ろうとした彼は、魔の手が友人にまで及んでいることを知る——。敵を出し抜くことはできるのか?軍事産業をめぐる巨額訴訟の現実と、大規模法律事務所の裏側を活写する全米ベストセラー。
(裏表紙より)

ジョン・グリシャム

2010年28冊目

|

« 映画:『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』 | トップページ | 小説:ドリームバスター4 時間鉱山 前編(トクマ・ノベルズEdge)/宮部みゆき著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/49088383

この記事へのトラックバック一覧です: 小説:アソシエイト〈下〉(新潮文庫)/ジョン・グリシャム著:

« 映画:『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』 | トップページ | 小説:ドリームバスター4 時間鉱山 前編(トクマ・ノベルズEdge)/宮部みゆき著 »