« コラソン サッカー魂〈1〉/塀内 夏子 | トップページ | 小説:1950年のバックトス(新潮文庫)/北村 薫著 »

2010.06.25

小説:レディ・ジョーカー〈下〉(新潮文庫)/高村 薫著

やっと、ようやく、読み終わりました。長かった。最終巻が一番読む時間がかかったと思う。

面白かったのですが、世の中には、レディ・ジョーカーが起こした事件よりも、もっと邪悪な犯罪があるんだなぁ、と裏社会に嫌気がさしてきました。小説の中の話ですが、現実にもありそうな話なんだろうなぁ〜。

野球賭博とか話題になってますが、あぁいうのは裏社会でひっそりと息づいているんですね。この小説の事件と同じように。

消エルコトニシタ……。レディ・ジョーカーからの手紙が新聞社に届く。しかし、平穏は訪れなかった。新たなターゲットへの攻撃が始まり、血色に染められた麦酒が再び出現する。苦悩に耐えかねた日之出ビール取締役、禁忌に触れた記者らが、我々の世界から姿を消してゆく。事件は、人びとの運命を様々な色彩に塗り替えた。激浪の果て、刑事・合田雄一郎と男たちが流れ着いた、最終地点。
(裏表紙より)

高村薫著

2010年22冊目

|

« コラソン サッカー魂〈1〉/塀内 夏子 | トップページ | 小説:1950年のバックトス(新潮文庫)/北村 薫著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/48719767

この記事へのトラックバック一覧です: 小説:レディ・ジョーカー〈下〉(新潮文庫)/高村 薫著:

« コラソン サッカー魂〈1〉/塀内 夏子 | トップページ | 小説:1950年のバックトス(新潮文庫)/北村 薫著 »