« お風呂に入る = 湯船につかる です | トップページ | バガボンド〈33〉 »

2010.05.21

映画:運命のボタン

NSTのチケットプレゼントに応募したら当たったので観に行って来ました。まさか当たるとは思ってなかったし、当たってもそんなにうれしくないような作品でしたが、とりあえず。

ボタンのついた箱が家に届いて、それを押すとお金をもらえるが、知らない誰かが死んでしまう。

この設定を聞いたときに、僕だったら押すかな?って思ってしまいました。だって、本当にボタンを押した所為で死んだのかどうかはわからないし、もし、同時刻に死んだ人がいたとしても、言いがかりではないか?と思うからだ。

押すボタンの形状にもよるかもしれない。核ミサイルの発射スイッチと明らかにわかるようであれば、絶対に押さない。

上の設定からわかるように、この物語は『世にも奇妙な物語』とか『トワイライト・ゾーン』のようなタイプの話です。たぶん宇宙人が絡んでるんじゃないかな?って思わせる台詞とかもありますし。でも、わかりづらかった。というか、面白くなかった。

チケットが当たってなかったら、たぶん観なかっただろう。

原題:The Box
監督:Richard Kelly
出演:Cameron Diaz, James Marsden, Frank Langella, James Rebhorn, Holmes Osborne, Sam Oz Stone, Gillian Jacobs, Celia Weston, Deborah Rush, Lisa K. Wyatt, Mark S. Cartier, Kevin Robertson, Michele Durrett, Ian Kahn, John Magaro
上映時間:115分
URL(日本 語):http://www.unmeino.jp/
URL(英 語):http://thebox-movie.warnerbros.com/

2010年5本目

|

« お風呂に入る = 湯船につかる です | トップページ | バガボンド〈33〉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/48419527

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:運命のボタン:

« お風呂に入る = 湯船につかる です | トップページ | バガボンド〈33〉 »