« 下妻物語・完 ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件 | トップページ | 秋期限定栗きんとん事件〈上〉 »

2010.04.07

花のあと

表題作が映画になってたんで読んでみました。しかも、この本はまだ読んでなかった。藤沢周平作品は、順番とか気にしないで、目についたものを読んでいるので、どれを読んでないかがよくわからない。しかも、短編集だと前に読んだものが含まれてることとかもあって、ちょっと困る。

この中では、「寒い灯」や「冬の日」が好きでした。市井に生きる人々の不器用だけどがんばって生きてる姿が良かったです。

娘ざかりを剣の道に生きたある武家の娘。色白で細面、けして醜女ではないのだが父に似て口がいささか大きすぎる。そんな以登女にもほのかに想いをよせる男がいた。部屋住みながら道場随一の遣い手江口孫四郎である。老女の昔語りとして端正にえがかれる異色の表題武家物語のほか、この作家円熟期の秀作七篇!
(裏表紙より)

藤沢 周平著

2010年15冊目

|

« 下妻物語・完 ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件 | トップページ | 秋期限定栗きんとん事件〈上〉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/48025835

この記事へのトラックバック一覧です: 花のあと:

« 下妻物語・完 ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件 | トップページ | 秋期限定栗きんとん事件〈上〉 »