« 花のあと | トップページ | CD購入(2010/04/14) »

2010.04.12

秋期限定栗きんとん事件〈上〉

約1年前に出版された文庫本を今頃読んでいます。というのも、このシリーズの一作目『春期限定いちごタルト事件』を読んだのが今年の1月。そして『夏期限定トロピカルパフェ事件』を読んだのが2月。ということで、この本を読むのがこの時期になってしまいました。順番を考えずに読んでいたら、昨年読んでたかもしれないんですけが、どうも出版順に読んでしまうという几帳面な正確なためそういうことはしませんでした。

この物語は、二人の行動を交互に描いています。洞察力がばつぐんに優れている者と普通よりちょっと洞察力がある者。とても面白いです。このシリーズのバイプレーヤー堂島君も『夏 期限定トロピカルパフェ事件』ぐらいから好きになって、この物語でも好青年になってて好ましいです。気になるのは小佐内さんの行動。どうなっていくのか?とても気になります。

あの日の放課後、手紙で呼び出されて以降、ぼくの幸せな高校生活は始まった。学校中を二人で巡った文化祭。夜風がちょっと寒かったクリスマス。お正月には揃って初詣。ぼくに「小さな誤解でやきもち焼いて口げんか」みたいな日が来るとは、実際、まるで思っていなかったのだ。——それなのに、小鳩君は機会があれば彼女そっちのけで謎解きを繰り広げてしまい……シリーズ第三弾。
(裏表紙より)

米澤 穂信

2010年16冊目

|

« 花のあと | トップページ | CD購入(2010/04/14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/48069552

この記事へのトラックバック一覧です: 秋期限定栗きんとん事件〈上〉:

« 花のあと | トップページ | CD購入(2010/04/14) »