« たぶん仲里依沙を… | トップページ | シャーロック・ホームズ »

2010.03.18

楽園(下)

読み終わりました。
面白かったです。やはりというか、すごかったです。こういう言い方は良いのかどうかわからないけど、土井崎夫妻がなぜ長女を殺害してしまったのか、がわかったような気がします。それにしても壮絶でした。いろいろな家族が出てきますし、大小はありますがどの家族も問題を抱えています。現実の家族も同じように問題を抱えているのだと思う。

16年前、土井崎夫妻はなぜ娘を手にかけねばならなかったのか。等はなぜその光景を、絵に残したのか? 滋子は二組の親子の愛と憎、鎮魂の情をたぐっていく。その果てにたどり着いた、驚愕の結末。それは人が求めた「楽園」だったのだろうか——。進化し続ける作家、宮部みゆきの最高到達点がここにある!
(裏表紙より)

宮部 みゆき著(大極宮)

2010年12冊目

|

« たぶん仲里依沙を… | トップページ | シャーロック・ホームズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/47846968

この記事へのトラックバック一覧です: 楽園(下):

« たぶん仲里依沙を… | トップページ | シャーロック・ホームズ »