« 夏季限定トロピカルパフェ事件 | トップページ | 優先席でも空いていれば座ります。 »

2010.02.21

イノセント・ゲリラの祝祭(上)

東城大学医学部付属病院4階。万年講師の田口公平は、いつものように高階病院長に呼ばれ、無理難題を押しつけられようとしていた。「お願いがありまして……」そう言って取り出した依頼状の差出人はあの火喰い鳥、白鳥圭輔。厚生労働省で行われる会議への出席以来だった! 幻の短編「東京都二十三区内外殺人事件」をプラスし、全面改稿した田口・白鳥シリーズ第4弾、待望の文庫化!
(裏表紙より)

読み終わりました。
短編をうまい具合に入れ込んでましたね。でも、たぶん、解決編は下巻なのかな?『チーム・バチスタの栄光』みたいな事件は起こりませんが、面白いです。事件は会議室で起きている?みたいな感じです。

官僚が支配しているこの国で、国民の利益になるような政策が生まれるのかどうか。これは現在の政治のあり方をエンターテイメントで表したとても良い作品だと思います。まだ、読んでいる途中ですが。

海堂 尊

2010年8冊目

|

« 夏季限定トロピカルパフェ事件 | トップページ | 優先席でも空いていれば座ります。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/47622009

この記事へのトラックバック一覧です: イノセント・ゲリラの祝祭(上):

« 夏季限定トロピカルパフェ事件 | トップページ | 優先席でも空いていれば座ります。 »