« アバター | トップページ | 黄石公の犬 »

2010.01.01

工学部・水柿助教授の解脱

読み終わりました。
M&S(水柿&須磨子)シリーズの最終巻だと思います。

前半は、いつものM&Sでした。ところどころ、エッセイ色は強くなっている気がしますが。
後半は、ほとんどエッセイだったり、壮大なSFになってたりして、「うぁ、ついていけない」と思ってしまいました。

このシリーズが終わってしまうことが少し寂しく思ってしまいました。

森 博嗣著(浮遊工作室)

2009年39冊目

|

« アバター | トップページ | 黄石公の犬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/47179230

この記事へのトラックバック一覧です: 工学部・水柿助教授の解脱:

« アバター | トップページ | 黄石公の犬 »