« 機動戦士ガンダム THE ORIGIN(20) | トップページ | ブラックペアン1988(上) »

2010.01.26

春季限定いちごタルト事件

米澤穂信さんの作品は好きで、このシリーズ以外の文庫になった本はほとんど読んでいます。なぜ、このシリーズを読まなかったか。それはこの本の表紙の絵にあります。

あまりにもかわいすぎる。こんな表紙の本を僕みたいなオッサンが買ったり、読んだりしていたら、変態だと思われるに違いないと感じていたからです。とはいっても、買うのはネットだし、読む時はブックカバーをしてるのですけどね。

物語についてですが、面白かったです。なんか言うとネタバレになるので詳しくは言えませんが、主人公の2人(という認識でいいよなぁ?)が小市民になろうとしている、という低い願望が小説ではありえなくない?とか思ってしまいました。でも、この小市民になろうとしている、というのが最大の味噌だったんだなぁと読み終わった後に思いました。

小鳩君と小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校一年生。きょうも二人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目指す。それなのに、二人の前には頻繁に謎が現れる。名探偵面などして目立ちたくないのに、なぜか謎を解く必要に迫られてしまう小鳩君は、果たしてあの小市民の星を掴み取ることができるのか? 新鋭が放つライトな探偵物語、文庫書き下ろし。
(裏表紙より)

米澤 穂信

2010年3冊目

|

« 機動戦士ガンダム THE ORIGIN(20) | トップページ | ブラックペアン1988(上) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/47398750

この記事へのトラックバック一覧です: 春季限定いちごタルト事件:

« 機動戦士ガンダム THE ORIGIN(20) | トップページ | ブラックペアン1988(上) »