« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009.12.27

アバター

観てきました。あれってほとんどCGなんでしょうね。すごい造形でした。ラピュタっぽいところとかもののけ姫っぽいところとかもありましたが、とにかくすごかった。

テーマはよくあるものだと思います。西洋人の未開人に対するイメージはあんな感じなのかなぁって思いました。アフリカやアメリカを植民地化する際に、あぁいった装置があって原住民のことをもっと理解していっていれば、不幸な事柄はもっと少なくなっていたかもしれませんね。

約3時間の長い映画だったのですが、時間も気にならないくらい入り込んでしまいました2-Dで観たのですが、3-Dはどんなにすごかったんだろうと想像して、観てみたくなりました。

原題:Avatar
監督:James Cameron
出演:Sam Worthington, Zoe Saldana, Sigourney Weaver, Stephen Lang, Michelle Rodriguez, Giovanni Ribisi, Joel Moore, CCH Pounder, Wes Studi, Laz Alonso, Dileep Rao, Matt Gerald, Sean Anthony Moran, Jason Whyte, Scott Lawrence
上映時間:162分
URL(日本語):http://movies.foxjapan.com/avatar/
URL(英語):http://www.avatarmovie.com/

2009年18本目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.23

カールじいさんの空飛ぶ家

原題が「UP」というのは少しびっくりしました。う~ん、なんとなく意味ありげですね。
最初のイントロっていうのでしょうか?カールの子供時代から年老いていくまでの映像が10分くらいあるのですが、それだけでもう泣いてしまいそうになりました。

風船をつけて飛ぶ家というイメージだけがあり、どんな話かは本編を観るまでは想像できませんでしたが、とてもよい話でした。

おじいさんがどんどん元気になってくるところもすばらしいです。あんなことしたら死んでしまうぞ、なんて思っちゃいましたが。

原題:UP
監督:Pete Docter
声の出演:Edward Asner, Christopher Plummer, Jordan Nagai, Bob Peterson, Delroy Lindo, Jerome Ranft, John Ratzenberger, David Kaye, Elie Docter, Jeremy Leary, Mickie McGowan, Danny Mann, Donald Fullilove, Jess Harnell, Josh Cooley
上映時間:103分
URL(日本語):http://www.disney.co.jp/movies/carl-gsan/
URL(英語):http://adisney.go.com/disneyvideos/animatedfilms/up/

2009年17本目

| | コメント (1) | トラックバック (0)

見知らぬ明日

グイン・サーガ未完の最終巻、第130巻、読み終わりました。

イシュトヴァーンの目論見は何か?フロリー親子はどうなるのか?ケイロニアは?などなど、今後が気になることを残して終わってしまいました。

グイン・サーガが終わることは残念ですが、もっと残念なのは栗本薫さんが亡くなってしまったこと。もう半年以上経つのですね。ご冥福をお祈りします。

栗本 薫著

2009年38冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼロの焦点

文庫で買おうと思ったのですが、新書が¥500だったのでこちらを購入し読みました。ちなみに、文庫は¥700。

最近映画にもなったので、映画を観るよりは安いかと思い読みました。

面白いですね。松本清張。でも、大御所ですごい人の書いたもの、というわりに、この程度なのか、って思ってしまいました。あの時代にこういった作品を書ける、というのは尊敬しちゃいました。

松本 清張著

2009年37冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.11

2012

12月1日の映画の日に観ました。誰も期待していないでしょうがアップするのを忘れてました。

この映画は2012年12月21日に人類滅亡だか地球滅亡だかすることを前提にして作られています。地面が割れ、マグマが吹き出すシーンとかは映画館の大きいスクリーンで見ると迫力があります。さすがはディザスター・ムービーを撮らせたら右に出るものはいないローランド・エメリッヒと思わせます。

でもね、こういう映画はもうちょっと科学的に作ってほしいなぁ~と思うのです。地震で地割れが起こるのはいいんだけど、なんであんなにすさまじい割れ方をするのかとか、津波がすごいところまでくるがあの水が引いたところはどうなってるのかとか、いろいろと気になってしまいます。

最後も感動的な場面を作ろうとしているのですが、ベースがやっぱり選民であるため、そんなに感動できませんでした。

原題:2012
監督:Roland Emmerich
出演:John Cusack, Amanda Peet, Chiwetel Ejiofor, Thandie Newton, Oliver Platt, Thomas McCarthy, Woody Harrelson, Danny Glover, Liam James, Morgan Lily, Zlatko Buric, Beatrice Rosen, Alexandre Haussmann, Philippe Haussmann, Johann Urb
上映時間:158分
URL(日本語):http://www.sonypictures.jp/movies/2012/
URL(英語):http://www.whowillsurvive2012.com/

2009年16本目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.01

自由をつくる自在に生きる

これは、自己啓発書になるのだろうか?啓発されるような気もするが、それは個人差がありそうで、これを読んでもなんとも思わない人もいるだろうし、何かに気づく人もいるだろう。

でも、よく考えたら、どんな自己啓発本もこんなものであるだろうから、自己啓発本と言って差し障りはないだろう。

この本に書かれていることは、森先生の日記や書かれたものをいろいろと読んでいる人には真新しいものではない。しかし、森先生の考える自由についてまとめられているものであるので、そこに価値があると言えないこともない。

森 博嗣

2009年36冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »