« 運命の子 | トップページ | BILLY BAT 2 »

2009.11.18

人間は考えても無駄である −ツチヤの変客万来−

人間は賢くなったか。この問題をさまざまな分野の専門家に話を聞いて検証するのが本書の目的である。問題は相手。ホーキング博士、オバマ大統領、ソクラテスなどを希望したが、英会話やギリシア語をマスターする時間が無く連絡も取れず断念。かくして——笑う哲学者ツチヤ教授の文庫語り下ろし爆笑対談集。
(裏表紙より)

対談集です。いつものエッセイよりはまじめな話が多いです。ツチヤ先生はこういうまじめな話もできるんだなぁ、なんて当たり前のことを思ったりして。

でも、エッセイ集のほうが面白いし好きです。

土屋 賢二

2009年34冊目

|

« 運命の子 | トップページ | BILLY BAT 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/46798020

この記事へのトラックバック一覧です: 人間は考えても無駄である −ツチヤの変客万来−:

« 運命の子 | トップページ | BILLY BAT 2 »