« 卒業 | トップページ | BALLAD 名もなき恋のうた »

2009.10.14

さまよう刃

文庫化されていて映画化されるというので読みました。ハードカヴァだったら読んでません。主人公が殺人を犯す前の描写は生々しすぎて、読むのをためらいました。

テーマとしては、よくあるものなのではないかと思われます。宮部みゆきさんの『鳩笛草』の中の一編の「燔祭」もそうですし。

この小説で取り上げたテーマは、当事者になってみないと、自分がどのような行動をとるかはわかりません。主人公の長峰の気持ちはとても良くわかります。しかし、この本を読んだり、映画を観たりしたあとに、少年法をどうすべきかを論じるべきではないと思います。少年法を変えるのであれば、感情論ではなく、もっと議論する必要があると思います。とても難しい問題です。

長峰の一人娘・絵摩の死体が荒川から発見された。花火大会の帰りに、未成年の少年グループによって蹂躙された末の遺棄だった。謎の密告電話によって犯人を知った長峰は、突き動かされるように娘の復讐に乗り出した。犯人の一人を殺害し、さらに逃走する父親を、警察とマスコミが追う。正義とは何か。誰が犯人を裁くのか。世論を巻き込み、事件は予想外の結末を迎える——。重く哀しいテーマに挑んだ、心を揺さぶる傑作長編。
(裏表紙より)

東野 圭吾著

2009年31冊目

|

« 卒業 | トップページ | BALLAD 名もなき恋のうた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/46481886

この記事へのトラックバック一覧です: さまよう刃:

« 卒業 | トップページ | BALLAD 名もなき恋のうた »