« 謀略法廷(下) | トップページ | サブウェイ123 激突 »

2009.09.17

玻璃の天

昭和初期の帝都を舞台に、令嬢と女性運転手が不思議に挑む〈ベッキーさん〉シリーズ第二弾。犬猿の仲の両家手打ちの場で起きた絵画消失の謎を解く「幻の橋」、手紙の暗号を手がかりに、失踪した友人を探す「想夫恋」、ステンドグラスの天窓から墜落した思想家の死の真相を探る「玻璃の天」の三篇を収録。
(裏表紙より)

この前、直木賞を取った『鷺と雪』の前の巻らしいです。何となく、暗い感じがします。昭和初期という時代がそんなに明るくないから暗く感じるのかもしれません。

文武両道と思われるベッキーさん、とても好ましい人物です。近くにいたら好きになっちゃうでしょう。

北村 薫著

2009年29冊目

|

« 謀略法廷(下) | トップページ | サブウェイ123 激突 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/46238097

この記事へのトラックバック一覧です: 玻璃の天:

« 謀略法廷(下) | トップページ | サブウェイ123 激突 »