« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009.09.24

じょんのび村

このシルバーウィークに近場でそこそこ楽しめそうなところということで、行ってきました。
ここのお湯は僕は好きです。
と、いいながら、お風呂に入っていたのは、45分くらいだと思います。
いつも、烏の行水のぼくとしては、長い方だと思います。

新潟高柳じょんのび村

「じょんのび」というのは、新潟の方言で「ゆったり」とか「のんびり」といった意味です。僕は新潟県人ですが使いませんし、聞いたことがありません。新潟県も広いので、僕が住んでいた地域以外の土地で使われている方言です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サブウェイ123 激突

少し前にレイトショーで観ました。スリルのある作品のようでしたので、とてもみたいと思ってました。

作品のテイストとしては、『ダイ・ハード』みたいな感じでした。主役のガーバーもそんなにクリーンな人物ではないというところも作品に味を出しています。

ジョン・トラボルタもなかなかいい悪役っぷりでした。結構好きな役者なので、良いモンもやってほしいです。

原題:THE TAKING OF PELHAM 123
監督:Tony Scott
脚本:Luc Besson & Robert Mark Kamen
出演:Denzel Washington, John Travolta, Luis Guzmán, Victor Gojcaj, John Turturro, James Gandolfini, Michael Rispoli, Ramon Rodriguez, Saidah Arrika Ekulona, John Benjamin Hickey, Alex Kaluzhsky, Gbenga Akinnagbe, Katherine Sigismund, Jake Richard Siciliano, Gary Basaraba
上映時間:103分
URL(日本語):http://www.sonypictures.jp/movies/thetakingofpelham123/
URL(英語):http://www.catchthetrain.com/

2009年13本目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.17

玻璃の天

昭和初期の帝都を舞台に、令嬢と女性運転手が不思議に挑む〈ベッキーさん〉シリーズ第二弾。犬猿の仲の両家手打ちの場で起きた絵画消失の謎を解く「幻の橋」、手紙の暗号を手がかりに、失踪した友人を探す「想夫恋」、ステンドグラスの天窓から墜落した思想家の死の真相を探る「玻璃の天」の三篇を収録。
(裏表紙より)

この前、直木賞を取った『鷺と雪』の前の巻らしいです。何となく、暗い感じがします。昭和初期という時代がそんなに明るくないから暗く感じるのかもしれません。

文武両道と思われるベッキーさん、とても好ましい人物です。近くにいたら好きになっちゃうでしょう。

北村 薫著

2009年29冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.09

謀略法廷(下)

大企業に科せられた4100万ドルもの巨額損害賠償金。危機感から政財界が蠢き始める。しかし、どんな方法が?トルドーの元に送り込まれたのは辣腕コンサルタント。最高裁で勝つには裁判官を変えてしまえばよい——。長引く裁判で資金難に陥った若き弁護士夫婦に、圧倒的財力を誇るクレイン化学の包囲網が忍び寄る。マネーの理論に社会正義は無力なのか?茫然の結末が待つ「逆転」のドラマ。
(裏表紙より)

えー〜、ネタバレにならないように書くと、なんともいやな終わり方です。

まぁ、予想はできましたけど、予想を裏切られました。でも、こういったことが現実で起きているのだとしたら、本当にいやな世の中になったなぁ。と思わざるを得ません。

こういう気分になるのは、この作者の作品で2度目でした。

ジョン・グリシャム

2009年28冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.06

20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗

20世紀少年、昨日観に行ってきました。まぁ、良かったんじゃないでしょうか。元々、原作が映画3回で描くことが無理な長さなので、オリジナルにならざるをえないとは思ってました。

ただ、そのせいで人物がちょっとだけ出てきてそれでおしまい。ということもありました。サナエとカツオの姉弟、ケロヨン、敷島博士の娘などなど。万丈目はあんな感じでいいんだとは思いますけどね。一番残念なのは、小泉響子がまったく活躍していないところ。漫画でも最終章に当たる部分ではボウリングしかしてなかったような印象はありますが、大好きなキャラだけに、影が薄いのがかわいそうでした。

監督:堤 幸彦
原作:浦沢 直樹
出演:唐沢 寿明, 豊川 悦司, 常盤 貴子, 香川 照之, 平 愛梨, 藤木 直人, 石塚 英彦, 宮迫 博之, 佐々木 蔵之介, 山寺 宏一, 高橋 幸宏, 佐野 史郎, 森山 未來, 古田 新太, 小池 栄子, 木南 晴夏, 福田 麻由子, ARATA, 片瀬 那奈, 六平 直政, 研 ナオコ, 北村 総一朗, 手塚 とおる, 田鍋 謙一郎, サーマート・セーンサンギアム, チェン・チャオロン, 竹内 都子, 石橋 保, 津田 寛治, 光石 研, 遠藤 賢司, 高嶋 政伸, 田村 淳, 岡田 義徳, 武蔵, 武内 享, ダイアモンド☆ユカイ, MCU, 吉田 照美, 原口 あきまさ, 斎藤 工, 左右田 一平, 石橋 蓮司, 中村 嘉葎雄, 黒木 瞳
上映時間:155分
URL:http://www.20thboys.com/

2009年12本目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.03

バガボンド(31)

  話はどんどん進みますが、吉川英治の小説とはだいぶ話が違ってきています。

この巻は、又八のエピソードがとても良いです。これで又八も少しは大人になれるのかもしれません。

武蔵の方はというと、戦う相手にもよるのでしょうが、強さに磨きがかかっているように思えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トランスポーター3 アンリミテッド

映画の日に観ました。相変わらずおもしろかったです。

今回は、今までのシリーズと違い、フランクがトランスポーターから引退したのかな?と思わせるような始まり方でした。でも、あいかわらず、運転技術は抜群だし、格闘もメチャ強でした。

あんなふうにかっこよくなれたらうれしいかもしれません。この映画もDVDが出たら買うと思います。もしかしたらBlue-Rayかもですが。

原題:Transporter 3
監督:Olivier Megaton
脚本:Luc Besson & Robert Mark Kamen
出演:Jason Statham, Natalya Rudakova, François Berléand, Robert Knepper, Jeroen Krabbé, Alex Kobold, David Atrakchi, Yann Sundberg, Eriq Ebouaney, David Kammenos, Silvio Simac, Oscar Relier, Timo Dierkes, Igor Koumpan, Paul Barrett
上映時間:103分
URL(日本語):http://tp3.asmik-ace.co.jp/
URL(英語):http://transporter3film.com//

2009年11本目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »