« 海が好き | トップページ | ドリームバスター2 »

2009.08.10

名もなき毒

久しぶりに読んだ宮部みゆきさんの現代ものミステリーです。主人公は『誰か ― Somebody』と同じ今多コンツェルン広報室の杉村三郎です。

広報室の厄介事を解決するために訪れた先で別の厄介まで抱え込んでしまい、それを解決するために奔走する物語です。

宮部みゆきさんは、なぜ、こんな人物を創造できるのだろう?と不思議に思う。今回、強烈なキャラクターの女性が登場する。実際にこのような人がいるのだろうか?似たような性格の人がいて、そのいやな部分だけをデフォルメしたのであろうか?

もし、この物語に登場する女性のような人物がそばにいたら、なるべく関わらないようにするか、関わってしまったら殺してしまうかもしれない。そう思わせる人物であった。過激かもしれないが、行動を見ていると、上記のような衝動にかられてしまう。

宮部 みゆき著(大極宮)


2009年24冊目

|

« 海が好き | トップページ | ドリームバスター2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/45884951

この記事へのトラックバック一覧です: 名もなき毒:

« 海が好き | トップページ | ドリームバスター2 »