« 20世紀少年 〈第2章〉 最後の希望 | トップページ | チョコをもらうのうれしいか? »

2009.02.15

文庫版『百器徒然袋 ─ 風』

調査も捜査も推理もしない、天下無敵の薔薇十字探偵、榎木津礼二郎。過去の事件がきっかけで榎木津の“下僕”となった「僕」は、そのせいで別の事件にも巻き込まれてしまう。探偵を陥れようと、張り巡らされた罠。それに対し、榎木津の破天荒な振る舞いが炸烈する!「五徳猫」「雲外鏡」「面霊気」の三篇を収録。
(裏表紙より)

百器徒然袋 ― 雨』の続きとなる話が三篇収録されています。これらの話の主人公の役回りとなる「僕」の名前も、この本で明らかになります。たしか『』では、ずーっと「僕」で名前がわかってなかったと思います。

』に続き、ここでも、榎木津が大活躍です。ほんと、近くにいたらきっと近づけないだろうけど、見てる分には楽しいだろうなぁ。

京極夏彦さんの小説は、きれいです。なにが?というと、ページの切れ目とか、章の始まりとか。章の始まりを、この本のようにする小説はほかにも多分あると思う。でも、ページの切れ目をこの人のようにする人は稀だと思います。

京極 夏彦著(大極宮)

2009年5冊目

|

« 20世紀少年 〈第2章〉 最後の希望 | トップページ | チョコをもらうのうれしいか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/44071483

この記事へのトラックバック一覧です: 文庫版『百器徒然袋 ─ 風』:

« 20世紀少年 〈第2章〉 最後の希望 | トップページ | チョコをもらうのうれしいか? »