« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009.01.30

人間計算WEB

やってみて、なんとなくうれしかったので、記事にしてみました。

人間計算WEB

ちなみに、僕の結果は、

ショウジキデセンサイ。
ゲイジュツテキナ コトニ
サイノウガアル!

でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.29

ジェネラル・ルージュの凱旋(下)

読み終わりました。
詳細は後ほど。

この物語は、『チーム・バチスタの栄光(上)』,『(下)』とは異なり、ミステリではありませんでした。医療現場で起きそうな、事件とか会議とかを描いています。

ミステリでなくても、面白かったです。白鳥・田口コンビとたぶん氷姫もでてきます。Aiも出てきますし、なかなか楽しめました。

海堂 尊

2009年4冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.25

ジェネラル・ルージュの凱旋(上)

読み終わりました。

『チーム・バチスタの栄光』『ナイチンゲールの沈黙』でおなじみ海堂尊が贈る、大人気(田口・白鳥シリーズ)みたび登場!伝説の歌姫が東城大学医学部付属病院に緊急入院した頃、不定愁訴外来担当の田口公平の元には匿名の告発文書が届いていた。”将軍(ジェネラル)”の異名をとる、救命救急センター部長の速水晃一が特定業者と癒着しているという。高階病院長から依頼を受けた田口は調査に乗り出す。
(裏表紙より)

裏表紙を見るとわかりますが、『ナイチンゲールの沈黙』の話と同時進行で進む話です。森博嗣作品で言うと、S&Mシリーズの『幻惑の死と使途』と『夏のレプリカ 』のような感じです(逆にわかりにくくなってるか?)。

でも、こちらは、『ナイチンゲール』がちょっとずつ挟まれているので、あっちで何があったときに、こっちではこんなことがあったのか、というのがよくわかります。でも、この話はどういうところに落ち着くのだろうか?

海堂 尊

2009年3冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.16

第六の大罪 −伊集院大介の飽食

読み終わってから、約1週間が経ってしまいました。
伊集院大介シリーズの短中編集です。短編3本。中編1本。
でも、1本の短編は、伊集院大介シリーズでなくてもいい話で、なんでそんなのを入れたのか?と疑問に思うような話でした。

中編『地上最凶の御馳走』は、なかなか面白かったです。

「現代グルメ」は暴食という罪を犯し続けている。肥え太らせることで恋人を奪った親友に復讐を企む「グルメ恐怖症」の他、命を救ってくれた”幻のラーメン”の招待を追求する「芥子沢平吉の情熱」、ワニの姿造りを作ろうとした有名シェフの悲劇を描いた「地上最凶の御馳走」など、シュールなフルコースの全四編。
(裏表紙より)

栗本 薫著(神楽坂倶楽部)

2009年2冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.07

探偵になりたい

え〜と、願望ではなく文庫本のタイトルです。

まともに取りあう気はなかった。人殺しがしたいので手伝ってくれなどという依頼は聞いたことがない。わたしは断った。探偵とは名ばかりで、わたしは事故専門の調査員なのだ。が、その依頼人が翌朝死体となって見つかった。人間にはできることとできないことがある。わたしにはできないことかもしれないが、探偵のまねごとをやってみる気になりだした…… 何事にも控えめな探偵の危ない活躍を描く新シリーズ第一弾。
(裏表紙より)

すっごく面白かったです。主人公がヒーローになりきれないところ。身近にいそうなところ。発想が小市民的なところ。どれも好ましい印象です。

こういうライトで面白い翻訳物って初めて読んだかも知れません。今まで知らなかったことに少し後悔。このシリーズは読み進めようと思います。

Parnell Hall

2009年1冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.06

驚きました

今日、なにげなく、アクセス解析をみたら普段の5倍以上のアクセス数があってびっくりしました。
よくよく調べてみたら、Robotで、そのほとんどがu-tokyo.ac.jpからのアクセスでした。
このu-tokyo.ac.jpからっていうのがよく分かりません。
他のblogにもアクセスしてるのでしょうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

年末年始に浪費したのは時間

もっと有意義に過ごせたはず。
ほんとに食って飲んで寝ての日々だった。
でも、ほんとに年末年始の短い期間だけだからいいのかな?
今後、死ぬまで食って飲んで寝ての日々を過ごしていい、となっても、たぶん一月もそんなふうにしていられないと思う。
性格によるかも?

コネタマ参加中: 年末年始に浪費したものは何?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »