« 私は貝になりたい | トップページ | WALL·E/ウォーリー »

2008.12.07

日暮らし〈下〉

「ねぇ叔父上、ここはひとつ、白紙に戻してみてはいかがでしょう」。元鉄瓶長屋差配人の久兵衛からもたらされた築地の大店・湊屋が長い間抱えてきた「ある事情」。葵を殺した本当の下手人は誰なのか。過去の嘘や隠し事のめくらましの中で、弓之助の推理が冴える。進化する”宮部ワールド”衝撃の結末へ。
(裏表紙より)

ようやく、最後まで読み終わりました。面白かったです。しかし、弓之助です。偉いなぁ。利発、聡明、もう、褒め言葉しか出てこない。でも、おねしょはするのか。

弓之助の、すべての人が傷つかないように事件を解決する手腕に脱帽でした。

宮部 みゆき著(大極宮)

2008年47冊目

|

« 私は貝になりたい | トップページ | WALL·E/ウォーリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/43351865

この記事へのトラックバック一覧です: 日暮らし〈下〉:

« 私は貝になりたい | トップページ | WALL·E/ウォーリー »