« 購入CD(2008/11/22) | トップページ | ハッピーフライト »

2008.11.24

探偵伯爵と僕 ― His name is Earl

子供が語る小説で、思い出すのは宮部みゆきの小説です。子供の視点がよかったり、子供らしい考え方をするので、宮部みゆきが書く子供が主人公の小説は大好きです。

そして、森博嗣が書く、子供が主人公の小説です。子供の日記風の記述になってます。最初は、探偵伯爵と僕の心温まる話と思っていました。ですが、、、

森博嗣の小説を読んだ感想は基本的にネタバレにしているので詳しくは書きません。でも、森博嗣らしいテイストになっています。これを読んで「やられた」とか「なんだ?これは?」なんて思うかもしれません。

森 博嗣著(浮遊工作室)

2008年44冊目

|

« 購入CD(2008/11/22) | トップページ | ハッピーフライト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/43216143

この記事へのトラックバック一覧です: 探偵伯爵と僕 ― His name is Earl :

« 購入CD(2008/11/22) | トップページ | ハッピーフライト »