« 購入CD(2008/09/28) | トップページ | 映画『容疑者χの献身』 »

2008.10.01

ナイチンゲールの沈黙(下)

手術前で精神的に不安定な子供たちのメンタルサポートを、不定愁訴外来担当の田口が行うことになった。時同じくして、小児科病棟の問題児・瑞人の父親が殺され、警察庁から出向中の加納警視正が病院内で捜査を開始する。緊急入院してきた伝説の歌姫と、厚生労働省の変人役人・白鳥圭輔も加わり、物語は事件解決に向け動き出す。読者を魅了する、海堂尊のメディカル・エンターテインメント。
(裏表紙より)

下巻から、白鳥氏が登場します。やっぱり一作目の方が僕は面白いと思いました。Aiも登場しますが、使い方は、まぁそんなものでしょう。

海堂 尊著

2008年38冊目

|

« 購入CD(2008/09/28) | トップページ | 映画『容疑者χの献身』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/42655178

この記事へのトラックバック一覧です: ナイチンゲールの沈黙(下):

« 購入CD(2008/09/28) | トップページ | 映画『容疑者χの献身』 »