« クビツリハイスクール ―戯言遣いの弟子 | トップページ | 映画『20世紀少年』 »

2008.09.07

女郎蜘蛛 ―伊集院大介と幻の友禅

また、編集画面が変わってる。おっ!顔文字がいれられる。

⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーーーン

とりあえず、ショコタンのマネ。

銀座で見かけた妖艶な和服美人の後を追って着物の展示会に迷い込んだ伊集院大介。彼女の依頼で「幻の友禅」を探すことになる。そんな折、熱心な着物コレクターが惨殺される。謎の美女、激しく対立する着物作家兄弟、連続する殺人……。事件の輪郭すらつかめない伊集院は惑い、悩む。大人気シリーズ代14弾!
(裏表紙より)

えーっと。もう14作目なんですね。半分くらいは面白くなかったけど。
これは、いいですねぇ。女郎蜘蛛に絡め取られたい…、なんて思ってみたりしました。ここに出てきたキャラクタで、もう何作か書くかと思ったのですが、そうではないようです。たぶん。

伊集院大介の今までなかった表情が書かれています。彼もそんな気分の時があるんですねぇ。

栗本 薫著(神楽坂倶楽部)

2008年32冊目

|

« クビツリハイスクール ―戯言遣いの弟子 | トップページ | 映画『20世紀少年』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/42409793

この記事へのトラックバック一覧です: 女郎蜘蛛 ―伊集院大介と幻の友禅:

« クビツリハイスクール ―戯言遣いの弟子 | トップページ | 映画『20世紀少年』 »