« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008.09.29

購入CD(2008/09/28)

Buckcherry / Black Butterfly
再結成しての2作目です。
まだまだ、前の方がよかった気がします。
いい曲も多いのですが、1曲目でもっと「ガツン」と来る曲を期待してしまいました。
僕は初回限定版を買いました。¥2,800と少しだけ高いです。ジャケットも紙で耐久性が低いです。
曲が同じなら、通常版でもよいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.23

ナイチンゲールの沈黙(上)

第4回『このミス』大賞受賞作,300万部を突破した大ベストセラー『チーム・バチスタの栄光』の続編が登場。大人気、田口・白鳥コンビの活躍再び!今度の舞台は小児科病棟。病棟一の歌唱力を持つ監護師・浜田小夜の担当患者は、目の癌——網膜芽腫の子供たち。眼球摘出をせざるをえない彼らに心を痛めた小夜は、患者のメンタルケアを不定愁訴外来担当の田口に依頼し、小児愚痴外来が始まった。
(裏表紙より)

裏表紙が、少しだけ本編の内容と異なります。まぁ読めばわかりますし、裏表紙のようにいえないこともない、とは思いますが、裏表紙はいい加減です。
話は、まだまだ序盤で、やっと事件が起きたかな?というような所です。

話の中に「歌声」のことが書かれていますが、万人が認める歌声というのはあるのかな?と疑問に思いました。人それぞれ好きな「声」というのはあると思うので、この小説の登場人物のようにみんながみんな認めるような歌声を持つ人が存在するかどうかがよくわかりません。

海堂 尊著

2008年37冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.20

購入DVD(2008/09/19)

うた魂♪フル!!!(初回限定生産2枚組)
  ガレッジセールのゴリが高校生役で出ています。
夏帆ちゃんが、最初は面白い顔ですが,後半めちゃくちゃかわいくなっていきます。
女優としての才能でしょうか?監督の才能でしょうか?
とにかく、楽しめる映画でした。

最後に起こった「奇跡」は、合唱をやってなくても感動するなぁ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ぼのぼの(30)

とうとう30巻です。
まさか、こんなに続くとは思っていませんでした。発行スピードはだいぶ遅くなっていますが,まだまだ続きそうです。

29巻で旅に出ていたアライグマくんが戻ってきました。もう少しいない期間があると思いましたが,まぁ、いいです。
アライグマくん、いいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.19

99%の誘拐

末期ガンに冒された男が,病床で綴った手記を遺して生涯を終えた。そこには八年前、息子をさらわれた時の記憶が書かれていた。そして十二年後,かつての事件に端を発する新たな誘拐が行われる。その犯行はコンピュータによって制御され,前代未聞の完全犯罪が幕を開ける。第十回吉川英治文学新人賞受賞作!
(裏表紙より)

岡嶋 二人の作品は何度か読んだことがありますが,どれも面白いです。この作品も「誘拐」を扱っている割に,そんなに暗くはならず、読後の爽快感があります。
それは、誘拐犯人側の事情もあるのですけどね。

また、機会があったら岡嶋二人作品を読んでみたいです。

岡嶋 二人著

2008年36冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.16

購入DVD(2008/09/14)

ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション
  Amazon.co.jpで29%OFFで売っていたので衝動買いしてしまいました。
ロープライスが,9月16日21:00現在¥2,850となっていますが、たぶん送料とかかかるのでAmazon.co.jpで購入した方がお得かと思います。

コーエン兄弟の映画は好きで,ほとんど映画館で観てたのですが,これは観れなかったのでとても悔しい思いをしてました。
早速観てみたのですが,いいです。コーエン兄弟っぽい映画でした。それにしても、ハビエル・バルデムは怖すぎです。会いたくないですし,友達にもなりたくありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.14

Leopardで親指シフト

昨日、落としたTeslaのソースからビルドしたもので、親指シフトできるようになったのですが、今朝起きて立ち上げたら,またローマ字入力になってました。
たぶん、環境設定がうまくいっていないのだと思い,「TESLA動作オン」をしてみたり、on/off切り替えてみたりしてもだめでした。

そこで、また下のURLを参考にいろいろとやってみました。
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/mac/1095665219/l50x

そして、以下の3つのコマンドを実行
1. sudo cp -R Desktop/tesla/tesla /System/Library/StartupItems
2. sudo cp -R Desktop/tesla/tesla/pref/build/Development/Tesla.prefPane /Library/PreferencePanes
3. sudo cp -R Desktop/tesla/tesla/scriptChecker/build/Development/scriptChecker.app /Applications

1番目のものは、ディレクトリが間違っているのですが、パスワードを聞いてきたので実行されたのかどうかよくわかりません。
2, 3は、うまくいっていると思います。

ここまでで感じたことは、Tesla.prefPaneやscriptCheckerをコピーするときにFinderでやったからうまくいかなかったのでは、ということ。
今回は再起動してうまくいっていますが、また電源を入れたら元に戻っているかもしれません。
もう少し、様子を見てみないといけないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.13

Mac OS X Leopard 10.5.4購入

現在,僕が使っているMacは、たしか2003年に購入したもので、PowerBook G4(867MHz)です。OSは、Pantherでした。

.MacがMobileMeになって、アドレス帳のデータをアップロードできなかったり、FirefoxのVer.3をインストールできなかったり、iTunesのアップデートからみはなされたりしたので、これを機会に新OSを購入しました。

もうすこし、噂では1か月くらい?、まてばMacBook/Pro/Airの新版がでるようですが、待ちきれませんでした。少し前にHDがクラッシュしてますし、経年劣化もあります、個人データを移行するため方法もよくわからなかったので。。。

で、昨日購入して、インストールに約2.5時間かかりました。今日も朝から新機能が魅力的なため触っていたのですが,どうもマシンへの負荷が高すぎるようです。スポットライトのインデックス付けが終わったので今はもう落ち着いていますが,Time Machineの設定はもうあきらめることにしました。

このLeopardになって心配していたのが、「親指シフトが使えるか?」ということでした。親指シフトは以下のURLを参照してなんとか使えるようになりました。

http://clarus-garden.net/2007/11/mac-os-x-105-leopard-nicola.html
http://kk.cocolog-nifty.com/misc/2006/05/macbooktesla_a9ff.html

前者でビルド(情報はおもに2ch),後者でコピーの方法を参照しましたが,プログラミング経験がないと難しいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

陰日向に咲く

以前、話題になっていた本だったので,文庫になった機会に読んでみました。

もう少し,読むのに時間がかかると思ったのですが,わりと簡単に読み終わりました。抜群に面白かったから、という理由ではなく、ページ数がすくないのと、文字が大きかったという理由によるものです。

コントの題材のような話があったり,浅田次郎を思わせる話があったりで大変楽しめました。

最近、この人のネタをTVでみませんが、僕はわりと好きでした。
また、小説の第2弾が出たら読みたいと思います(文庫になってからになりますが)。

ホームレスを夢見る会社員。売れないアイドルを一途に応援する青年。合コンで知り合った男に遊ばれる女子大生。老婆に詐欺を働く借金まみれのギャンブラー。場末の舞台に立つお笑いコンビ。彼らの日のあたらない人生に,時に一筋の光が差す——。不器用に生きる人々をユーモア溢れる筆致で描き,高い評価を獲得した感動の小説デヴュー作。
(裏表紙より)

劇団ひとり著

2008年35冊目

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.09.12

目薬αで殺菌します −Disinfectant α for the eyes

タイトルは森博嗣先生の小説の題名です。
読み終わりました。

このタイトルだけ見ても、どんな話かわかりません。読んでも目薬で殺菌するような場面は出てきませんし。

それにしても、どんなことになっていくのでしょうか?ヒントが物語中に出てきますが,大きすぎて見えないです(ぎりぎりネタバレになっていないと思うけど)。

森 博嗣著(浮遊工作室)

2008年34冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.10

容疑者χの献身

読み終わりました。
タイトルの"X"は、ギリシア文字の"χ(カイ)"を使っています。フォントによっては、"X"を使っているのと何ら変わりありませんが、雰囲気です。

天才数学者でありながら不遇な日々を送っていた高校教師の石神は、一人娘と暮らす隣人の靖子に秘かな想いを寄せていた。彼女たちが前夫を殺害したことを知った彼は、二人を救うため完全犯罪を企てる。だが皮肉にも、石神のかつての親友である物理学者の湯川学が、その謎に挑むことになる。ガリレオシリーズ初の長編、直木賞受賞作。
(裏表紙より)

直木賞を取ったのを納得してしまいました。すさまじい献身。まねできません。ほんとに最後まで読んで唸ってしまいました。こんな真実があるのですね。

この作品は、思っていたとおり映画になりました。だから、予想より早く文庫化しています。映画に合わせての商法ですね。
でも、映画の配役に少し納得がいきません。石神に堤真一をキャスティングしてはイカンだろう。詳しく書くとネタバレになるので書きませんが、映画を見て「なんで?」ってなるような気がします。それとも、堤真一の演技力でなんとかするのか?

東野 圭吾著

2008年33冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.09

いよいよ…

apple storeがbusyになりました。
Title_backsoon1_3

噂されている新iPodが出てくるのでしょうか?

あと4時間たらずで判明します。
たぶん寝てるけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.07

映画『20世紀少年』

出演者が多いです。3部作の1作目です。
いきなり、海ほたるから始まるとは思いませんでした。漫画だと、カンナから始まってたように記憶してるけど。

1作目は、「やっぱりあそこか」というところまででした。ということは、2作目と3作目はだいたいあそこかなぁ、って思ってます。

漫画の時は、書きたくない背景は書かなくてもよいけど、映画の場合は映したくなくても背景に映ってしまう。それをどう処理するかが問題となるがそれが不自然な場合も出てくる。それを感じたのは、同窓会のシーン。

映画は面白かったです。もうすこし、オリジナルな部分があると思ったけど、そうでもなかった。けんちゃんライスは出して欲しかったなぁ

監督:堤 幸彦
原作:浦沢 直樹
出演:唐沢 寿明, 豊川 悦司, 常盤 貴子, 香川 照之, 石塚 英彦, 宇梶 剛士, 宮迫 博之, 生瀬 勝久, 小日向 文世, 佐々木 蔵之介, 佐野 史郎, 森山 未來, 津田 寛治, 藤井 隆, 山田 花子, ARATA, 片瀬 那奈, 池脇 千鶴, 平 愛梨, 鈴木崇大, 三浦 敏和, 中田 敦彦, 藤森 慎吾, 藤井 フミヤ, 及川 光博, 石井 トミコ, 竹中 直人, 光石 研, 石橋 保, 徳井 優, 入江 雅人, 竹内 都子, 洞口 依子, 布川 敏和, ベンガル, 研 ナオコ, 竜 雷太, 吉行 和子, 西山 潤, 松元 環季, 安西 壱哉, 矢野 太一, 山田 清貴, 上原 陸, 澤畠 流星, 小倉 史也, 吉井 克斗, 森山 拓哉, 清水 歩輝, 田辺 修斗, 石橋 蓮司, 中村 嘉葎雄, 黒木瞳
上映時間:142分
URL:http://www.20thboys.com/

2008年15本目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女郎蜘蛛 ―伊集院大介と幻の友禅

また、編集画面が変わってる。おっ!顔文字がいれられる。

⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーーーン

とりあえず、ショコタンのマネ。

銀座で見かけた妖艶な和服美人の後を追って着物の展示会に迷い込んだ伊集院大介。彼女の依頼で「幻の友禅」を探すことになる。そんな折、熱心な着物コレクターが惨殺される。謎の美女、激しく対立する着物作家兄弟、連続する殺人……。事件の輪郭すらつかめない伊集院は惑い、悩む。大人気シリーズ代14弾!
(裏表紙より)

えーっと。もう14作目なんですね。半分くらいは面白くなかったけど。
これは、いいですねぇ。女郎蜘蛛に絡め取られたい…、なんて思ってみたりしました。ここに出てきたキャラクタで、もう何作か書くかと思ったのですが、そうではないようです。たぶん。

伊集院大介の今までなかった表情が書かれています。彼もそんな気分の時があるんですねぇ。

栗本 薫著(神楽坂倶楽部)

2008年32冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »