« 購入DVD(2008/09/14) | トップページ | ぼのぼの(30) »

2008.09.19

99%の誘拐

末期ガンに冒された男が,病床で綴った手記を遺して生涯を終えた。そこには八年前、息子をさらわれた時の記憶が書かれていた。そして十二年後,かつての事件に端を発する新たな誘拐が行われる。その犯行はコンピュータによって制御され,前代未聞の完全犯罪が幕を開ける。第十回吉川英治文学新人賞受賞作!
(裏表紙より)

岡嶋 二人の作品は何度か読んだことがありますが,どれも面白いです。この作品も「誘拐」を扱っている割に,そんなに暗くはならず、読後の爽快感があります。
それは、誘拐犯人側の事情もあるのですけどね。

また、機会があったら岡嶋二人作品を読んでみたいです。

岡嶋 二人著

2008年36冊目

|

« 購入DVD(2008/09/14) | トップページ | ぼのぼの(30) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/42521925

この記事へのトラックバック一覧です: 99%の誘拐:

« 購入DVD(2008/09/14) | トップページ | ぼのぼの(30) »