« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008.08.25

クビツリハイスクール ―戯言遣いの弟子

戯言シリーズ第3弾、読み終わりました。
表紙の絵がカワイイですね。

表紙と違って、内容は題名が『クビツリハイスクール』なだけに、カワイイ内容ではありません。軽く書いてあるので、描かれている事件はとんでもなく猟奇的ですが、それほど深刻には受け取られないようになっています。

西尾維新作品を3冊読みましたが、やはり僕には向いていないかもしれません。次回作は読まないかもしれません。

西尾 維新著

2008年31冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デトロイト・メタル・シティ

ど〜も、『デスメタル・ロック・シティ』と言ってしまいそうになります。デスメタルバンドが主役だからだと思いますが。

試写会に当選して、先週の木曜日に観ました。場所は、T・ジョイ新潟万代です。
映画は楽しめました。ギャグ映画でした。
でも、バンド名が「デトロイト・メタル・シティ」だったら、絶対にKISSのファンだろうから、ジャンルはデスメタルにはならないだろうな、って思いました。実際にやってる音楽もとってもソフトなデスメタルだったので、「これはデスメタルじゃないだろうな」って思いました。

まぁ、主人公のキャラクタとの対比を考えての「デスメタル」だと思いますし、原作を読んでないのでなんとも言えませんが、それに映画というメディアで考えるとあのくらいのソフトさがいいのかもしれないとも思います。

松山ケンイチくんに大拍手ですgood

一つだけクレームですが、ジーン・シモンズが劇中で持ってたギターは、もっとちゃんと作ってください。ちゃっち過ぎです。

監督:李 闘士男
原作:若杉 公徳
出演:松山 ケンイチ, 加藤 ローサ, 秋山 竜次, 細田 よしひこ, 大倉 孝二, 岡田 義徳, 鈴木 一真, 高橋 一生, 美波, 大地 洋輔, 大谷 ノブ彦, 宮崎 美子, 松雪 泰子, ジーン・シモンズ
上映時間:104分
URL:http://www.go-to-dmc.jp/

2008年14本目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダーク・ナイト

新バットマンというか、ティム・バートンが関わらなくなったバットマンの第2弾です。

バットマン ビギンズ』を観たときは、この作品は作られないと思っていました。たぶん、『バットマン ビギンズ』が好評だったんで、この作品が作られたのでしょう。

バットマン ビギンズ』が好きだったので、これを観たのですが、ジョーカーがすごかったです。正直言って、ティム・バートン版のバットマンでジャック・ニコルソンがジョーカーを怪演していたので、それにはかなわないと思っていました。が、しかし、Heath Ledgerもすごかったです。でも、ちょっと怖くなっちゃいました。もうすこし、面白い要素も欲しかったのですが、それがないからといって映画がつまらなくなっているわけではないです。

ほんとに面白かったです。第3弾も作られることと思いますが、どんな話になるのでしょうか?とても楽しみです。

原題:The Dark Knight
監督:Christopher Nolan
出演:Christian Bale, Heath Ledger, Aaron Eckhart, Michael Caine, Maggie Gyllenhaal, Gary Oldman, Morgan Freeman, Monique Curnen
上映時間:152分
URL(日本語):http://wwws.warnerbros.co.jp/thedarkknight/
URL(英語):http://thedarkknight.warnerbros.com/

2008年13本目

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.08.22

豹頭王の苦悩

グイン・サーガ第122巻を読み終わりました。
表紙はたぶんシルヴィアかな?こんなシーンは小説中には全く現れませんが、シルヴィアの状態を表しているものと思われます。

題名から察せられるかもしれませんが、内容も暗いものとなっています。こういう話は読んでいて気持ちのいいものではありません。

栗本 薫著(神楽坂倶楽部)

2008年30冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.15

ICO −霧の城−

邪悪な力を持つ霧の城は角の生えた子を生贄(ニエ)として求めていた。イコはしきたりに従い、霧の城へ。そこで檻に囚われた少女を発見したイコは、彼女を助け出すがその手を握ると何故か彼の頭の中に様々な幻像が……。不思議な力を持つ少女・ヨルダは何者なのか? そして囚われた理由とは? 運命に抗い、謎が渦巻く城からヨルダとともに脱出するため、イコは城主と対決する!
(裏表紙より)

この小説は、『ICO』というプレステのゲームソフトをノベライズ化したものだそうです。ゲームを全くしない僕にとっては、ゲームソフトは全く興味がありません。著者が宮部みゆきということだけで読みました。

話としては、ゲームらしいな、という感じです。霧の城の見取り図とかあったらもっと話がよくわかったかと思います。城の中をあっち行ったりこっち行ったりしてもどこに行っているのか全くわかりませんでした(それをねらったのかもしれないのですけど)。

宮部みゆきらしい作品に整っています。ラストに希望が持てます。

宮部 みゆき著(大極宮)

2008年29冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.12

映画『スカイ・クロラ The Sky Crowlers』

公開初日(8/2)に観たかったのですが、街の中が祭りで大変なことになってると思って少し後に観に行きました。(長岡市に引っ越したので公開初日は長岡祭りの真っ只中でした)

よかったです。特に空中戦が。もっと多くてもよかったと思います。
すべての空中戦で鳥肌と全身の毛が逆立つような気分でした。すばらしい!! マーベラスっ!!ブラボーっ!!

他の部分もよかったです。少々説明が多いかな?と思う部分もありましたが、あの世界を理解させるために必要なもので、それも適当な人が説明していたので、まぁ許容範囲です。

小説とは別のよさが出てました。別作品と考えた方がいいですね。小説を再読したくなりました。

監督:押井 守
原作:森 博嗣
脚本:伊藤 ちひろ
声の出演:菊地 凛子, 加瀬 亮, 谷原 章介, 竹中 直人, 榊原 良子, 栗山千明
上映時間:121分
URL:http://sky.crawlers.jp/

2008年12本目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.07

崖の上のポニョ

もう、主題歌が頭の中にこびりついて離れません。
わかりにくく言うと、ぼのぼのが「へ~んだよね~へんだよね~なんだかへんだよね~」という歌が頭にこびりついて離れなくなってしまったぐらい離れません。このままでは、アライグマ君に会いに行かなければならないくらいです。

さて、映画本編ですが、僕は好きです。ポニョが海の上を走るシーンとか、リサのハンドル捌きとか。ルパン三世を思い出すような動きでした。

話の後半は、正直言って「?」な部分もありました。あんなことになってるのに、なんか呑気だなぁ?なんて思ってしまいました。でも、あわててもしょうがないのか。

ポニョみたいな子がいたら、どうだろう?う~ん、もしかしたら、僕は苦手かもしれません。怒っちゃうかもしれない。

原作・脚本・監督:宮崎駿
声の出演:山口 智子, 長嶋 一茂, 天海 祐希, 所 ジョージ, 土井 洋輝, 奈良 柚莉愛, 柊 瑠美, 矢野 顕子, 吉行 和子, 奈良岡 朋子
上映時間:101分
URL:http://www.ghibli.jp/ponyo/

2008年11本目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハプニング

M.ナイト・シャマラン作品なので、すべてに関してネタバレ禁止です。予告編で原因不明の死亡事件が起きていることはわかると思います。これ以上言わないほうがいいでしょう。

こういう映画好きです。現実世界もこの映画と似たような部分があります。どこがそうなのか、がネタバレ禁止しているので言えませんが。

原題:The Happening
監督:M. Night Shyamalan
出演:Mark Wahlberg,Zooey Deschanel, John Leguizamo, Ashlyn Sanchez, Betty Buckley, Spencer Breslin, Robert Bailey Jr., Frank Collison,Jeremy Strong, Alan Ruck, Victoria Clark
上映時間:91分
URL(日本語):http://movies.foxjapan.com/happening/
URL(英語):http://www.thehappeningmovie.com/

2008年10本目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »