« 孤宿の人(下) | トップページ | ZOKUDAM »

2008.07.22

クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識

表紙を見てすぐに、読むのをやめようかと思いました。書店で買ってたら、変な奴かオタクと思われたかもしれない。ネットで購入してよかった。

この小説は、ライトノベルズ(文庫だからライト文庫だろうか?)にカテゴライズされているように思っていたが、まったく、ライトではない。文章がライトなのかもしれないが内容はヘヴィだ。

この《戯言シリーズ》の主人公、いーちゃんは、読んだ人にはあまり好かれてないような気がする。まぁ、好きな部分はあるけれども。零崎人識は人間失格のようだがいーちゃんよりは好感が持てる。僕がキャラクタ的に好きなのは、赤い人だ。

西尾 維新著

2008年27冊目

|

« 孤宿の人(下) | トップページ | ZOKUDAM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/41941118

この記事へのトラックバック一覧です: クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識:

« 孤宿の人(下) | トップページ | ZOKUDAM »