« ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛 | トップページ | ザ・マジックアワー »

2008.06.18

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (携帯版)(上)

上巻をやっと読み終わりました。あまり興味がないから普段より増して、読むのが遅いのかもしれません。

さて、今まで読んだハリー・ポッターシリーズとこれを比べると、大体どのような構成になっているのかが分かります。
つまり、

  • 1年間に起こった話を1冊(今回のように上下巻ある場合は、上下巻合わせて1年)にまとめている。
  • なので、すべての本において、新学期が始まる前の夏休みから始まっている。

ということです。
まだ、前半ということで大きい事件は起こっていませんが、「どうなるの?」と結構ハラハラドキドキさせられています。
魔法省の腐敗、魔法省から送られてきた先生による謀略、未だに掴めない『例のあの人』の動きなどなど気になることが満載です。

J.K.ローリング

2008年22冊目

|

« ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛 | トップページ | ザ・マジックアワー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/41573444

この記事へのトラックバック一覧です: ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (携帯版)(上):

« ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛 | トップページ | ザ・マジックアワー »