« 文庫版『今昔続百鬼—雲 〜多々良先生行状記〜』 | トップページ | 相棒 劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン »

2008.05.20

どきどきフェノメノン A phenomenon among students

読み終わりました。今度から、森作品はなるべく文庫版にしようと思って文庫版が出るのを待って購入したものです。しかし、GシリーズやXシリーズのほか、すでにノベルズで集めている水柿君シリーズやZOKUシリーズはノベルズを買うことになると思います。

さて、この本は、裏表紙によると「ラブコメディ」らしいのですが、「コメディ」の要素は感じられませんでした。ただ、笑ってしまったトコロはありましたが、それが「ラブ」に関する部分ではなかったです。
もしかして「ラブコメディ」というのは、「ラブ」の要素と「コメディ」の要素が入っていればいい、というものなのでしょうか?だったら、これは「ラブコメディ」なのかな?う〜ん、疑問です。

とりあえず、「ラブコメディ」ではないと思う。

この小説は、1つの視点から書かれていて、普段生活していれば、視点はひとつなので不思議に思わないが、物語にしてみると、少し違和感を感じる。

森 博嗣著(浮遊工作室)

2008年20冊目

|

« 文庫版『今昔続百鬼—雲 〜多々良先生行状記〜』 | トップページ | 相棒 劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/41270722

この記事へのトラックバック一覧です: どきどきフェノメノン A phenomenon among students:

« 文庫版『今昔続百鬼—雲 〜多々良先生行状記〜』 | トップページ | 相棒 劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン »