« 文庫版『百器徒然袋 ― 雨』 | トップページ | スカイ・クロラ、いよいよ »

2008.03.04

森博嗣の道具箱 The Spirits of Tools

この本は、『森博嗣の TOOL BOX』が文庫化に伴い、横書きが縦書きになったので、題名を"TOOL BOX"から"道具箱に変更したものです。表紙は文庫版の方が僕は好きです。

しかも、新刊にしては珍しく帯がない。普段、本を読むときは、紙のカヴァと帯をはずして、ブックカヴァに入れて読んでいます。紙のカヴァをはずすのは、それが痛むのがイヤだからです。しかも、帯はすぐ痛みます。本棚に本を入れようとして帯を切ったりしたことも何度もあります。そう言う心配をしなくていいので、やっぱり帯はない方がいいかな。ついていると、そのままにしたくなるし。

この本は、「日経パソコン」に2年間掲載されたエッセイをまとめたものです。人が使う道具だけでなく、おもちゃも出てきます。これを読んで、「あぁ、そういえば子供の時にプラモデルいっぱいつくったなぁ。セメダインでくっつかなくてセロテープで停めたときもあったっけ」とか「よく壊れたラジオとか捨てられているテレビの真空管を抜いたりしたなぁ。分解してスイッチやラジオのチューニング部分がどうやって動くか見てたなぁ」とか思い出しました。
最近は、こんな遊びはまったくしません。懐かしくなって、ちょっと工作なんぞしてみたくなりました。

森 博嗣著(浮遊工作室)

2008年10冊目
 

|

« 文庫版『百器徒然袋 ― 雨』 | トップページ | スカイ・クロラ、いよいよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/40374579

この記事へのトラックバック一覧です: 森博嗣の道具箱 The Spirits of Tools:

» 森 博嗣調査隊 [森 博嗣研究]
森 博嗣のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

受信: 2008.04.02 23:28

« 文庫版『百器徒然袋 ― 雨』 | トップページ | スカイ・クロラ、いよいよ »