« 犯人に告ぐ (上) | トップページ | ジャンパー »

2008.03.28

犯人に告ぐ (下)

犯人=〔バッドマン〕を名乗る手紙が、捜査本部に届き始めた。巻島史彦は捜査責任者としてニュース番組に定期的に出演し、犯人に「もっと話を聞かせて欲しい」と呼びかけ続ける。その殺人犯よりの姿勢に、世間及び警察内部からも非難の声が上がり、いつしか巻島史彦は孤独な戦いを強いられていた——。犯人に“勝利宣言”するクライマックスは圧巻。「普段ミステリーや警察小説を読まない人をも虜にする」と絶賛された、世紀の快作。
(裏表紙より)

読み終わりました。なかなか面白かったです。この程度で、絶賛されるのかと思いました。そうなると、宮部みゆきの本はどうなるのでしょう?絶賛の格が違いすぎます。宮部みゆきを知っているからそれほど楽しめなかったのかな?とも思ってしまいました。

ある重要な登場人物がでてくるのですが、その方の描き方がいまいち物足りないような気がしました。とってつけたような出演のさせ方がイヤだな。というのと、なんかやるのかな?と勘ぐってしまいます。

雫井 脩介著

2008年14冊目

|

« 犯人に告ぐ (上) | トップページ | ジャンパー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/40669782

この記事へのトラックバック一覧です: 犯人に告ぐ (下):

« 犯人に告ぐ (上) | トップページ | ジャンパー »