« 文庫版『百鬼夜行—陰』 | トップページ | ランドックの刻印 »

2008.02.09

空中ブランコ

伊良部総合病院地下の神経科には、飛べなくなったサーカスの空中ブランコ乗り、尖端恐怖症のやくざなど、今日も悩める患者たちが訪れる。だが色白でデブの担当医・伊良部一郎には妙な性癖が……。この男、泣く子も黙るトンデモ精神科医か、はたまた病める者は癒される名医か!? 直木賞受賞、絶好調の大人気シリーズ第2弾!td>
(裏表紙より)

帯に「直木賞受賞」とあったので、奥田英朗が別の作品で直木賞を取ったのかと思ったら、この本での受賞だったのですね。「直木賞受賞作品」と書いてあれば、このような間違いはしないと思う。

さて、内容ですが、今回も治療らしい治療もしないで、病が治っていくようでした。計算なのかどうなのか。分からないところが良いですね。
でも、もしかすると、きっかけをチョット作ってあげるだけで、人は病を自力で直すことができるのかもしれませんね。

奥田 英朗著

2008年7冊目

|

« 文庫版『百鬼夜行—陰』 | トップページ | ランドックの刻印 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/40061132

この記事へのトラックバック一覧です: 空中ブランコ:

« 文庫版『百鬼夜行—陰』 | トップページ | ランドックの刻印 »