« チーム・バチスタの栄光(下) | トップページ | 空中ブランコ »

2008.02.05

文庫版『百鬼夜行—陰』

いつの間にか、絵文字対応になってたのですね。ココログcat
試しに使ってみましたが、次に何時使うか。。。sad

そんなことよりも、『百鬼夜行』です。これは、京極堂シリーズに出てきた、というか脇役といえばいいのか、そんな人達の話を集めた短編集です(関口氏の話もありますが)。裏表紙には、「京極堂サイドストーリーズ」とあるように、今までのシリーズに厚みを持たせるためのお話です。といっても、どの話に出てきたか、覚えている人もいれば、忘れてる人も、この人はほんとにでてきたっけ?というような人の話も載っています。

たぶん、京極堂シリーズを読んでいた方が楽しめると思いますが、未読でも楽しめるんじゃないのかな?と思う話もありました。

僕が引き込まれてしまったのは、「毛倡妓」(けじょうろう)でした。

「妖怪」はいずこより来るのか……。人の心の闇にあらねども、揺るぎないはずの世界が乱れたとき、その裂け目から恠しきものが湧き出し、取り憑く。他人の視線を畏れる者、煙に常軌を逸した執着をもつ火消し、「海」を忌む小説家……。日常に潜む恐怖を描く十の短篇から成る「京極堂サイドストーリーズ」。
(裏表紙より)

京極 夏彦著(大極宮)

2008年6冊目

|

« チーム・バチスタの栄光(下) | トップページ | 空中ブランコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/40008214

この記事へのトラックバック一覧です: 文庫版『百鬼夜行—陰』:

» 川上未映子 [川上未映子]
川上未映子 [続きを読む]

受信: 2008.02.07 17:00

« チーム・バチスタの栄光(下) | トップページ | 空中ブランコ »