« クリスタルの再会 | トップページ | 聖者の行進 −伊集院大介のクリスマス− »

2007.12.23

少し変わった子あります

この本は、文庫が出るまで待とうと思っていたのですが、MORI LOG ACADEMY(森先生のブログ)で、文春のノベルズが稀少だというので、購入した次第。

最近の森先生の文庫本はデザインが良いので、そっちを狙っていたのですが、まぁいいです。読むのが送れるかどうかぐらいの差なので。

さて、読んでみての感想は、ほかの作家の僕が読んだことのある本に設定が似ているな、でした。別に盗作してるわけではないし、この辺を狙ったのかな?という感じで楽しめました。
これ以外にも、ニヤリとさせられるようなトコロもありました。この辺だけが、森先生らしいな、とは感じましたが、全体としてはソフトな感じでした。

分からない人には全く分からない記事になってしまいました。

森 博嗣著(浮遊工作室)

2007年39冊目

|

« クリスタルの再会 | トップページ | 聖者の行進 −伊集院大介のクリスマス− »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/17457013

この記事へのトラックバック一覧です: 少し変わった子あります:

« クリスタルの再会 | トップページ | 聖者の行進 −伊集院大介のクリスマス− »