« 脳を活かす!必勝の時間攻略法 | トップページ | キラレ×キラレ Cutthroat »

2007.09.15

憑神

映画とほとんど同じでした。でも、映画を観ていても感じたのですが、彦四郎は妻夫木君のイメージではありません。妻夫木君にもつイメージが柔らかいものであるのに、彦四郎にはもっと堅物で融通の利かなさがあるように感じました。

時は幕末、処は江戸。貧乏御家人の別所彦四郎は、文武に秀でながら出世の道をしくじり、夜鳴き蕎麦一杯の小遣いもままならない。ある夜、酔いにまかせて小さな祠に神頼みをしてみると、霊験あらたかにも神様があらわれた。だが、この神様は、神は神でも、なんと貧乏神だった!とことん運に見放されながらも懸命に生きる男の姿は、抱腹絶倒にして、やがては感涙必至。傑作時代長編。
(裏表紙より)

裏表紙は褒め過ぎだと思います。抱腹絶倒ではなかったし、感涙必至ではなかったです。
面白かったのですけど。

浅田 次郎著

2007年28冊目

|

« 脳を活かす!必勝の時間攻略法 | トップページ | キラレ×キラレ Cutthroat »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/16451638

この記事へのトラックバック一覧です: 憑神:

« 脳を活かす!必勝の時間攻略法 | トップページ | キラレ×キラレ Cutthroat »