« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007.03.31

デジャヴ

何がデジャヴなんだ?と思って観てましたが、最後まで観て「そういうこと?」ってなりますね。

予告編を観てないので、どの程度ネタバレOKになっているのかわかりません。刑事物?ぽく見せているのでしょうか?
だったら、「思ったのと違う」ってなりますね。

なかなか面白かったです。でも、やっぱり巡りめぐって、アレで良いの?って思っちゃいます。う〜ん、もどかしい。

原題:Deja Vu
監督:Tony Scott
出演:Denzel Washington, Paula Patton, Val Kilmer, James Caviezel, Adam Goldberg, Elden Henson, Erika Alexander
上映時間:128分
URL(日本語):http://www.movies.co.jp/dejavu/
URL(英語):http://video.movies.go.com/dejavu/

2007年8本目

「デジャヴ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.30

070330rainbow1 070330rainbow2 これを撮った2分後には、もう消えていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.25

バガボンド(25)

字が少ない。読み終わるのに20分も掛からなかった。
でも、面白いなぁ。やっと三十三間堂(だったか?)での決闘が終わりました。
原作では、これから江戸の方に行って、なんだかんだあって、巌流島で行くのに50巻ぐらい掛かるんじゃないかと。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.24

大統領特赦〈下〉

読み終わりました。

下巻はジェットコースタに乗ったようなスピード感でした。

サウジ、イスラエル、中国、ロシア、それにCIA……。類を見ぬ衛星システムの謎を知るただひとりの男を追って「狩り」が始まった。新たな名前と身分を得たバックマンは孤立無援のままイタリアに身を隠す。だが、その逃亡生活の視野の片隅に、跳梁する各国のプロフェッショナルたちの姿が映り始めるのも時間の問題だった——。乾坤一擲の逆転はなるか。著者独壇場のサスペンス、全開!
(裏表紙より)

乾坤一擲は、「けんこんいってき」と読むようです。

スリルのある後半でした。どうなってしまうのかと思いましたが、そうなりましたか…。なかなか楽しめました。
Grishamの『スキッピングクリスマス』っていうコメディなんだかよく分からない本も読みましたが、やっぱりこういうスリルのあるものの方が楽しめます。

John Grisham

2007年12冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.17

大統領特赦〈上〉

読み終わりました。

突然の大統領特赦。獄中から自由となったかつての辣腕ロビイスト、高額報酬も思いのままだった元弁護士バックマンは怪訝な思いで軍用機に乗る。自らの命を国家が「狩り」の賞品に供したとも知らず——。所有国不明の最新軍事衛星システム。それにまつわる多数の死者。各国の諜報機関が謎をめぐって彼を追い、安寧の地を求めた男が逃れた先は……?巨匠会心のノンストップ・スリラー!
(裏表紙より)

こういう小説を「スリラー」っていうの?Yahoo!辞書で調べたら、なんとなく「スリラー」ではないように感じました。絶対違う。

上巻は、たいして面白くない、というか、まだまだ準備段階といった様相です。後半から面白くなってくるように思われます。

John Grisham

2007年11冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

購入DVD(2007/03/16)

フラガール メモリアルBOX
映画を楽しむという目的では、フラガール スタンダード・エディションでも良かったのですが、"特典"に弱いので、こっちを購入。

良い映画でした。
日本の映画賞のほとんどを取ってるようですね。
しずちゃんにも、なんか賞あげて欲しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007.03.16

購入DVD(2007/03/15)

DEATH NOTE complete set
映画が面白かったので、前編, 後編のセット版を購入しました。
買うときは、ネットでの注文ですので、中身がどうなっているのかは全く分からないのですが(実際に店で買ってもそうかもしれませんが)、どうやらラッキーセットだったようです。
でも、たとえラッキーセットだったとしても、通常のものもラッキーセットだと言われてしまえば、ラッキーセットになるわけで、じゃぁ、普通のはどんななの?ときになってしかたなくなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.15

購入CD(2007/03/14)

中島美嘉 / YES
中島美嘉さんの最新アルバムです。
最初の3曲がCMやTV番組のタイアップ曲というのが少し驚きました。
安易と言うかなんというか。
でも、ちゃんと曲順は考えてあるんでしょうね。

まだ、最初の3曲しか聴いてません。
聴く時間がとれません。
最近、何かしながら聴く、ということができません。どちらかに集中してしまいます。聴くことよりも、手元に集中してしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.03.10

購入DVD(2007/03)

まだみてませんが、とりあえず購入したDVDです。
なかなか観る時間がとれません。

NEWS23で金曜日にやってる映画の紹介コーナで取り扱ってた映画だったと思う。公開当時は見に行く機会がなくてDVDを購入してしまいました。
   
Amazon.co.jpで62%OFFだった(かな?)ので購入してみました。昨年のゴールデングローブ賞の作品賞を取ったんじゃなかったかと思う。
良い映画らしかったんですが、アカデミー賞が取れなかったので、新潟での公開日数は少なかったように思われる。
アカデミー賞は、ゴールデングローブ賞を取ったものを避けて選んでいるように思っているのは僕だけではないはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.04

砂の器

読み終わるまでに半月かかりました。とても長い話でした。でも、京極氏の小説に比べたら、そんなでも無いのですけどね。
なんで、こんなに長く掛かったのかと考えてみると、昭和35年頃という微妙に古い時代の話だった事,活字が小さかった事,その活字がまっすぐ並んでいない事、などが挙げられる。

でも、なかなか面白く読ませて頂きました。名作はどんなに古くても名作なのですね。話は映画版TV版とは、異なるようですね。映画版TV版を楽しまれた方は、原作を楽しんでみてはいかがですか?

松本清張著

2007年10冊目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.02

守護神

昨日、映画の日という事で観てきました。

『守護神』というタイトルだけで観る気が失せた映画でした。タイトルを見たときは、守護霊かなんかの映画かと思いました。予告を観た後は、たぶんKevin Costnerが神と呼ばれるくらいすごくて、Kevin Costnerとの交流を通して、Ashton Kutcherが成長していく、っていうような映画かと思っていました。あと、『海猿』っぽいのかなぁ、なんて思ってました。

でも、『海猿』と違うのはフジテレビが製作に関与していない、ということ。そのおかげで、はるかにマシな映画でした。TV放映をするために作ったものではないし、感動させようってミエミエの意図もなかったし。

映画は僕が思っていたのとは違っていました。なかなか感動しました。
でも、『守護神』は言い過ぎです。原題をカタカナにするだけで良かったのに。それだけで、もっと客が入るような気がする。

原題:The Guardian
監督:Andrew Davis
出演:Kevin Costner, Ashton Kutcher, Sela Ward, Melissa Sagemiller, Clancy Brown, Neal McDonough, Brian Geraghty, Bonnie Bramlett
上映時間:139分
URL(日本語):http://www.movies.co.jp/guardian/
URL(英語):http://video.movies.go.com/theguardian/

2007年7本目

「守護神」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.01

購入CD(2007/02/28)

買おうか買うまいか迷っていましたが、結局買ってしまいました。
アルバムは全部買っているので、知らない曲と言えば新曲のみ。
前に出したベストアルバム『A BEST』では再録したものが含まれたりしていましたが、今回はそういった事は無いの模様。
並べて聞くとイントロとかホント似てるなぁ〜、って曲が幾つか。。。

浜崎あゆみのアルバムをすべて持っている人がこれを買う価値は、DVDにあるのではないかと思います。『BLACK』に収録されている新曲なんてiTSで¥200で手に入るので、DVD付きを買わなければ損です。
DVD付きで無いものは買う価値はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »