« バッテリー IV | トップページ | 墨攻 »

2007.02.08

バッテリー V

文庫で販売されているバッテリーシリーズはとりあえず、読み終わりました。

あとは、第6巻の文庫版発売4月5日を待つばかり。長いなぁ〜。

豪くんはどうしちゃったんだろうか?吹っ切れたのか、あきらめたのか。複雑な感じになっちゃいました。
この巻でますます巧くんが好きになっちゃいました。ホントに変化してきてる。でも、まだまだわかりません。
青波は、相変わらず良い味だしてます。

ハラハラドキドキするような試合も読んでみたいです。

  「おれは、おまえの球を捕るためにいるんだ。ずっとそうすると決めたんじゃ。何があってもそうするって……本気で決めたのに」
天才スラッガー、門脇のいる横手二中との再試合に向け、動きはじめる巧と豪。バッテリーはいまだにぎこちないが、豪との関わりを通じて、巧にも変化が表れつつあって——。
横手の幼なじみバッテリーを描いた、文庫だけの書き下ろし短編「THE OTHER BATTERY」収録。
(裏表紙より)

あさの あつこ著(角川文庫)

2007年8冊目

|

« バッテリー IV | トップページ | 墨攻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/13838401

この記事へのトラックバック一覧です: バッテリー V:

« バッテリー IV | トップページ | 墨攻 »