« 不可能を可能にする 最強の勉強法—究極の鉄則編 | トップページ | パプリカ »

2007.01.18

ηなのに夢のよう

読み終わりました。

Gシリーズの最終巻です。これが6作目ですが、最終巻ということで。講談社ノベルズから出版されたシリーズでは初めての終わり方です。あれと合わせれば10作目だから、考えようによってはこれでよいのかも。

さて、Φ,Θ,τ,ε,λ,ηと続いてきましたが、これは本当に何を意味するのか?全く分かりません。もっと考えれば分かるのかもしれませんが。

とにかく、新シリーズもまた楽しみです。

森 博嗣

2007年3冊目

|

« 不可能を可能にする 最強の勉強法—究極の鉄則編 | トップページ | パプリカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7404/13556212

この記事へのトラックバック一覧です: ηなのに夢のよう:

« 不可能を可能にする 最強の勉強法—究極の鉄則編 | トップページ | パプリカ »